楽園まであともう少し

BL(主にマンガ)レビューやらその周辺
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
メールフォーム
ご意見ご感想どうぞ
Mail Form
RECOMMEND
サウダージ 後編
サウダージ 後編 (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,鳥海浩輔,浜田賢二,遊佐浩二,平川大輔
個人的には後編が気に入ってます。鳥海さんの魅力炸裂、そしてハマケンもキャラの割には優しさが滲み出てていいです
RECOMMEND
ボーダー・ライン(1)
ボーダー・ライン(1) (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,三木眞一郎,鳥海浩輔,小杉十郎太,立木文彦,浅野真澄,志村知幸,斉藤次郎,羽多野渉,小林和矢,小室正幸
トラック10、必聴!
演出と演技者の技が冴えてます!
RECOMMEND
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション) (JUGEMレビュー »)
西田 東
萌えた!!!!!
バンブーの先生はやっぱ最高です。
どの受もかわい子ちゃんばかり!
RECOMMEND
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス)
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
西田 東
ジャックと新海の関係がデンジャラスで続刊が気になる
RECOMMEND
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
怒濤の最終巻!!ダークでスピィーディーなストーリー。
喫茶「デコイ」のマスターは藤達也のイメージっす
RECOMMEND
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
奈良絵最高!
男たちの因縁、生き様に眼が釘付け
RECOMMEND
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
岡田屋 鉄蔵
人を愛する事、愛される事っていいなぁとシンプルな感情に酔わされる
RECOMMEND
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
まさかBLで「愛の不在」を描かれるとは!!!!
人間のどーしょーもなさに嫌々ながら共感してしまう。
RECOMMEND
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫)
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫) (JUGEMレビュー »)
赤江 瀑
赤江氏の書く男たちはどうしてこんなにも獰猛でアンニュイで美しいんだろう。赤江好きは必読。
RECOMMEND
純愛エゴイスト2
純愛エゴイスト2 (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
好戦的な真っ黒お目目な野分と美人系ヒロさんのカバーイラストに心臓鷲掴み。
RECOMMEND
純愛エゴイスト
純愛エゴイスト (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
春菊氏のカバーイラストが美しすぎる
RECOMMEND
RECOMMEND
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
スペインとえすとえむが絡まったらそりゃ萌るって
RECOMMEND
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
よしなが作品でいちばん好きだ
RECOMMEND
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス) (JUGEMレビュー »)
遙々 アルク
ヤマシタさんの台詞使いも好きだが、アルクさんのモノローグも大好きだ
RECOMMEND
欲望の法則
欲望の法則 (JUGEMレビュー »)

暴走する愛欲と嫉妬!キッチュでクィアーな暴走特急の果てに涙が…
RECOMMEND
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection) (JUGEMレビュー »)
深井 結己
ドロリ、とした人間描写がたまらん
RECOMMEND
ポーの一族 (1)
ポーの一族 (1) (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
図書館にあって読んだけど名作です。コレを置いてくれた図書館に感謝!
RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
連続殺人鬼同士のデンジャーすぎる愛の姿。モデルはデニス・ニルセン(英)とジェフリー・ダーマー(米)
RECOMMEND
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション)
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション) (JUGEMレビュー »)
有間 しのぶ
青春の〜かほりわぁ〜♪そんな歌を唄いたくなる。台詞使いが上手い
RECOMMEND
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
白と黒の世界に惚れました
RECOMMEND
ベルベット・ゴールドマイン
ベルベット・ゴールドマイン (JUGEMレビュー »)
ユアン・マクレガー
己のセクシャリティーを受け入れたアーサー君に共感ビンビン!カート&アーサーのメイクラブは映画史上で一番素敵なベッドシーンだと思う
RECOMMEND
願い叶えたまえ  (3)
願い叶えたまえ (3) (JUGEMレビュー »)
西田 東
西田作品はどれもいい。愛する事の痛みと希望があります。
RECOMMEND
聞こえない声 HertZシリーズ
聞こえない声 HertZシリーズ (JUGEMレビュー »)
京山 あつき
きゅきゅ〜〜〜んッ!
青春の匂いがする!
RECOMMEND
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3))
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3)) (JUGEMレビュー »)
李丘 那岐
キケンな美形ヤクザ×男前板前。これに萌えずにどーする。この二人の続編希望!
RECOMMEND
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
30代の憂鬱に萌!
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
隅田川心中/たうみまゆ
ソフトライン 東京漫画社
¥ 650
(2008-09-19)
◆Story
生まれた時は違っても、死ぬ時は一緒

え〜毎度ばかばかしい噺ではございますが、とある不良グループに熊田と大川という男がおりまして、この熊田、元落語家という経歴を持つ、飄々と掴みどころのない奴で、方や大川は、まるで日本語の通じない非常に頭の悪いヘタレでございます。この二人が自分達の「居場所」を求め、人生だの恋だのと傍迷惑に繰り広げる可笑しくもジンとする、そんな一席でございます。(本誌裏表紙)



以前たうみさんのバンド系同人誌を買っていたので興味から購入いたしました。
私は表題作が一番好きかな。
キャラ立ちもしてるし、落語の絡みも面白かったし。
頭が良くて凶悪で、でも飄々としている熊田と小卒程度の脳みそしかない大川。
大川は本当にバカで鈍いんだけど、ちゃんと気付くべき事は気付く人間です。
そんな人間に頭のいい熊田が気に入るのは当然で。
うん、私こーゆーカップリングが好きみたい(笑)

所で読んでてとっても謎だったのは、熊田って一体何歳?
チーマーグループ(今、チーマーって言うのかな??死語?/汗)に入る前は落語やってた訳で、学歴高そうだから大学在学中に落語界に入って、高座やらせてもらえて破門されてチーマーグループに入って。。。って感じなのかな。
見た目といいかーなり年令謎だわ。


『なでしこGALAXY』
女装少年(現女優)とアイドルチャラ男のお話
特に惹かれるものはないんだけど、なでしこGALAXYメンバーの樹が好きです(笑)
あのキャラメインの話あったらまた見たい(えーーー)


えーと、全体的になんか漫画、読みにくいなぁと感じたのは何でかな。
画面がごちゃごちゃしてると言うか…
| yuki | Novel* 作者-T | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
世界の果てで待っていて ~天使の傷跡~ (SHYノベルス138)
Story
元刑事の黒澤統一郎は、渋谷区神泉に黒澤調査探偵事務所を構えている。そこにはいろんな人生を抱えた人が訪れる。ある雨の日、少女と見紛う少年・奏がやってきた。三年前に行方不明になってしまった双子の兄・律を探してくれ、と。一度は依頼を断った黒澤だが、かつての同僚で現役刑事である櫂谷雪人もある事件の関係で律を探しており、ふたりは協力することになる。静と動。理性と本能。好対照な雪人と統一郎の関係は、統一郎が刑事をやめてからも続いていた。甘い一夜の記憶を忘れたふりをして。複雑に絡み合う過去と現在。彼らの未来は―。






読んだ瞬間からその柔らかくしっとりと湿った雰囲気に引き込まれました。


舞台は渋谷。
私は都内に住んでいるし一時は渋谷で働いていたのでよく聞く地名や固有名詞などに「あぁ、あそこかー」なんて思いながら読みました。
後書きで作者が「渋谷であって自分から見た渋谷だから一般的な渋谷とは違う」と書いてありましたが、いい意味で「違う渋谷」になってます。
非常に雰囲気のあるストーリーと文体なのですが、その雰囲気にぴったりな少し大人な渋谷だと思います。

文章がしっとりと濡れたように美しくて、それでいてさらさらととした清潔感があるのでいつまでも読んでいたくなるような…そんな美しい文体でした。
一般図書を読んでてもそんな感覚は最近感じなくなっていたのですが、とても幸せな感覚を味わいました。
でもストーリー自体は結構シビアなんですけどね。
抱えきれない痛みを負った人間の業、って言うんですか。
これはなかなか癒えないし、多分「荷物」として一生身の内に抱えなければならないものだと思うんですよね、私は。

そんな普段はへらへらしつつも身の内に激しい業を背負っている統一郎を「社会」という枠に留めているのは元同僚の雪人なのだと思う。
たった一度の一夜の記憶も忘れた事にする2人。
本当は2人は体なんて重ねなくても思いは通じ合っている。
このあやうい名前の付けられない関係がとてもいいなと思う。

もう一方で名前のつけられない関係と言うと、作中での双子の片割れ律と画家の透。
この2人の関係が疑似親子なのか疑似兄弟なのか、はたまた恋人なのかはっきりとは描かれない。
ただとても美しく描かれている。
大切な人間を失った男と、心に空洞を持った少年。
2人の関係と統一郎と雪人の関係は少し似ているなと思った。


BL的なラブいちゃ度は低い作品かもしれない。
けれど大切な者を奪われた人間がそれをどう克服していくのか、雪人はどう振る舞うのか、その後の2人の姿が見たいと思った。




| yuki | Novel* 作者-T | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |