楽園まであともう少し

BL(主にマンガ)レビューやらその周辺
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
メールフォーム
ご意見ご感想どうぞ
Mail Form
RECOMMEND
サウダージ 後編
サウダージ 後編 (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,鳥海浩輔,浜田賢二,遊佐浩二,平川大輔
個人的には後編が気に入ってます。鳥海さんの魅力炸裂、そしてハマケンもキャラの割には優しさが滲み出てていいです
RECOMMEND
ボーダー・ライン(1)
ボーダー・ライン(1) (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,三木眞一郎,鳥海浩輔,小杉十郎太,立木文彦,浅野真澄,志村知幸,斉藤次郎,羽多野渉,小林和矢,小室正幸
トラック10、必聴!
演出と演技者の技が冴えてます!
RECOMMEND
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション) (JUGEMレビュー »)
西田 東
萌えた!!!!!
バンブーの先生はやっぱ最高です。
どの受もかわい子ちゃんばかり!
RECOMMEND
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス)
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
西田 東
ジャックと新海の関係がデンジャラスで続刊が気になる
RECOMMEND
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
怒濤の最終巻!!ダークでスピィーディーなストーリー。
喫茶「デコイ」のマスターは藤達也のイメージっす
RECOMMEND
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
奈良絵最高!
男たちの因縁、生き様に眼が釘付け
RECOMMEND
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
岡田屋 鉄蔵
人を愛する事、愛される事っていいなぁとシンプルな感情に酔わされる
RECOMMEND
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
まさかBLで「愛の不在」を描かれるとは!!!!
人間のどーしょーもなさに嫌々ながら共感してしまう。
RECOMMEND
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫)
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫) (JUGEMレビュー »)
赤江 瀑
赤江氏の書く男たちはどうしてこんなにも獰猛でアンニュイで美しいんだろう。赤江好きは必読。
RECOMMEND
純愛エゴイスト2
純愛エゴイスト2 (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
好戦的な真っ黒お目目な野分と美人系ヒロさんのカバーイラストに心臓鷲掴み。
RECOMMEND
純愛エゴイスト
純愛エゴイスト (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
春菊氏のカバーイラストが美しすぎる
RECOMMEND
RECOMMEND
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
スペインとえすとえむが絡まったらそりゃ萌るって
RECOMMEND
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
よしなが作品でいちばん好きだ
RECOMMEND
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス) (JUGEMレビュー »)
遙々 アルク
ヤマシタさんの台詞使いも好きだが、アルクさんのモノローグも大好きだ
RECOMMEND
欲望の法則
欲望の法則 (JUGEMレビュー »)

暴走する愛欲と嫉妬!キッチュでクィアーな暴走特急の果てに涙が…
RECOMMEND
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection) (JUGEMレビュー »)
深井 結己
ドロリ、とした人間描写がたまらん
RECOMMEND
ポーの一族 (1)
ポーの一族 (1) (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
図書館にあって読んだけど名作です。コレを置いてくれた図書館に感謝!
RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
連続殺人鬼同士のデンジャーすぎる愛の姿。モデルはデニス・ニルセン(英)とジェフリー・ダーマー(米)
RECOMMEND
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション)
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション) (JUGEMレビュー »)
有間 しのぶ
青春の〜かほりわぁ〜♪そんな歌を唄いたくなる。台詞使いが上手い
RECOMMEND
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
白と黒の世界に惚れました
RECOMMEND
ベルベット・ゴールドマイン
ベルベット・ゴールドマイン (JUGEMレビュー »)
ユアン・マクレガー
己のセクシャリティーを受け入れたアーサー君に共感ビンビン!カート&アーサーのメイクラブは映画史上で一番素敵なベッドシーンだと思う
RECOMMEND
願い叶えたまえ  (3)
願い叶えたまえ (3) (JUGEMレビュー »)
西田 東
西田作品はどれもいい。愛する事の痛みと希望があります。
RECOMMEND
聞こえない声 HertZシリーズ
聞こえない声 HertZシリーズ (JUGEMレビュー »)
京山 あつき
きゅきゅ〜〜〜んッ!
青春の匂いがする!
RECOMMEND
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3))
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3)) (JUGEMレビュー »)
李丘 那岐
キケンな美形ヤクザ×男前板前。これに萌えずにどーする。この二人の続編希望!
RECOMMEND
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
30代の憂鬱に萌!
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
【アニメ】『黒執事』第四話 「その執事、酔狂」
見てたのに感想上げるの忘れてた!
いやいや、前回の予告で妖しすぎるの見ちゃったから一体どーなるのかと思ったけど、やっぱり妖しかった(笑)

お話的には未解決&猟奇事件として犯罪史に残る「切り裂きジャック」が出て来ます。
その犯人をシエルたちは探します。
そこで捜査線上にあらわれた妖しい伯爵。
夜な夜な如何わしいパーティーをしているらしいと情報を掴み、シェルはどこぞの令嬢としてそのパーティーに乗り込みます。


えぇ、シエルたん、女装ですよ。

まぁ女装しなくても男装の美少女って感じなんで私的には何も感じないんですけど…(笑)


しかしなんとも言えない気分になりますなぁ…

女性声優さんが演じる美少年と妖しい絡みをする小野くん。

演じてるのは男女なのにBLテイストプンプンで不思議です。
っつーか女装したシエルとダンスを踊るシーンからいきなり小野君の声が低くなってビックリしたんですけど…
そして声はそのまま低いままで、予告編まで低いトーンでぶっちぎり。
次回もこのトーンで行くのかな???
っつーかいきなりなんで低くなったのかが本当に不思議だよ。
ちょっとその低さがわざとらしいと言うか無理してるっぽいんで元に戻してほしいなぁ…


それでね、やはり最初の2話見た時から思ってたけど…



いつかこのトーン&演技での受役、やって下さい!(土下座)


私が主張したいのはコレだけです(笑)




って全然ストーリーの感想になってないな…

えーと、今回のゲストキャラは最近BL界で人気沸騰中の鈴木達央くんでした。
美形だけど変態な伯爵役です(笑)

私は「不夜城のダンディズム」とか「この愛を喰らえ」とかで演じた情けなくてコモノなホスト役の彼しか知らないんですが(笑)ちょっとねっとりした喋りですよね。
なんかやたら「小鳥」とか言ってたなぁ…


そして次回も「切り裂きジャック」事件は続きます。
予告では何やらシリアスな予感。
シエルたんにショックを与えるような出来事が起こりそうです。


あくまで素敵執事、なセバスチャンがどー対応するのか楽しみでございます。
| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【アニメ】『黒執事』第三話 「その執事、万能」
残業続きで眠い身体に鞭打って第三話、見ました。

お話的には超使えない執事、グレルの使え無さっぷり(それを言ったらこの屋敷の下男や召し使い達はみーんな使えないのだが)とシエルの許婚、エリザベスが出て来てダンスパーティーをやろう、と我がままを言って…といった割ととりとめのない展開。

前回(第2話)がブラックなユーモアやウィットがあった分、今回はなんか微妙…だったな…
ストーリーが箱庭的すぎるし、笑いの部分もキレがないって言うか普通のアニメっぽくてイギリスっぽいブラックジョークがなかったのが非常に残念。
イギリス、バトラー…ときたらやっぱそーゆー英国的なモン求めちゃうし。

絵はシエルとセバスチャンだけにやたらリキ入ってます。
女の子キャラ、エリザベスがあまり可愛く描かれてないのはどーなんだ。いいのか(笑)


で、前回よりもさらにヨコシマ具合が倍増されてちょっと困惑(苦笑)
次回予告なんてむっちゃ腐ジョシどもを煽る煽る!
なんだよ、あの妖しすぎる直球予告はー
あざとすぎて逆に私は冷めちゃうなぁ…なんかこーすれば腐ジョシどもは食い付くだろう、ケケケ…みたいな事されちゃうと。

私的にはヨコシマ度合いは前回ぐらいの量が好みなんですけどねー
インビな雰囲気もあってセバスチャンとシエルの曖昧な関係性とかもいいなーと思う。
なので今後、こーゆー2人の妖しい関係性を「Vassalord」的にされると微妙だなぁ
(「Vassalord」は好きですよー。)
私的には2話的な「執事」「英国」「ブラックユーモア」的なのを楽しみにしてるので。

でも多分そんな話じゃないよね!
と前向きに考えてみる(笑)


あーしかしセバスチャンは相変わらず美麗すぎ。
ホントこんな執事、私も欲しいよ(いいトシこいてこの女は…)
| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
黒執事、見ました





小野くんが素敵執事役の「黒執事」見た!


いや、「黒執事」に出るのはアニメに疎い私でも知ってたんですが、放送日とか時間帯とか全然知らなかったんで見れたのは偶然の奇跡!
そして見れてよかった〜〜〜〜

あまりの素敵さ、クールな美人っぷりにニヤニヤが止まらない。

今までずっと小野くんは私の中のカテゴリで『イロモノ系フォルダ』に入ってたんだけどちょっと見直したぞ!(そして同じ『イロモノ系フォルダ』には平川さんとか成田さんが入ってる…ファンの方、スイマセン)


そして全く期待してなかったストーリーが意外とウィットとユーモアがあって私好みでした(暴言…)


小野くんのセバスチャン、ステキでした。

私はBLCDの彼しか知らないので(…)今まで全く聞いた事のない小野くんの新しい引き出しを見れて(聞けて???)ホント、満足でした。

普通の演技もできるのね…と言うかBLの時(特に受キャラ)と普通のお話では演技の仕方、替えてるのかしら…普通のアニメとか見た事ないからよーわかんないんですが。

とにかく小野くんの硬質な声が活かされた、素敵執事っぷりにうっとり。
こんな執事、アタシも欲しい!!!
アクマで執事、でも!!!!!!!(この使い方、ウマイ!英国っぽいブラックユーモア!)




ちなみにお話的な感想は…

えーと、私、原作全くしらなかったので、この眼帯の子(セバスチャンの主人)が女の子だとずっと思ってたんですよ(笑)
アニメでも声が少年声なので、(実際の声優さんは女性みたいだし)「ん?男の子???それともボーイッシュな少女????」みたいな感じでちょっと戸惑いました。
とにかく美少年で主人、そして美形な執事。
そこはかとない耽美でエロティックなカホリ、が漂ってます(笑)

敵の手におちて拘束されてる主人に向かって
「素敵にぶざまでお似合いですよ」(にこやかに)
「おねだりの仕方は教えましたよね」(美微笑み)

などなどS的発言を麗しいセバスチャンボイスで言っとります。
あやしーあやしーあやしいぞー(笑)

でも萌、は全く感じないのは私がショタ属性が全くないからだな(笑/ついでに美少年も全く萌えない要素。美青年は萌えるんだけど…)
普通のお嬢さん方ならセバスチャン/シェルでキャー★★★となるんでしょうか。



見る前は絶対つまんない話で、絵が美麗だから人気あるんだろうなーなんて失礼な事を考えていた自分(失礼すぎるぞ)
執事、ゴシック(ゴス)…今はやりの要素を入れただけの話でしょ?みたいな

でもなんかゲラゲラ笑うような笑いではなくてクスリ、と笑えるようなブラックユーモアがあるトコが面白かったです。
セバスチャンがお盆(って呼ぶのか?)を盾に戦ってたり結構ウケました。
メイドに押し倒されても無表情なセバスチャンとか。
飄々としたユーモアとラストのブラックさが面白かったです。
次回も見ると思います。


あ、絵は凄い美麗ですね。
まぁこのアニメ、絵が崩れたらダメだと思うんでこのままのクォリティーで頑張って欲しいと思います。




あ、もうすぐロマンチカが始まる!!!!
原作まだ4巻までしか読んでない!!!!!

しかもTOKYO MXってワンセグでしか自分、見れない。
大きい画面で見たいよ〜〜〜



自分、どんどんオタク化してきて恐い……
| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】守護霊様に憑いてコイ
インターコミュニケーションズ
¥ 2,565
(2007-04-25)

◆Story
友達を助けようと不運にも命をおとし、守護霊になった聖は、庇護者の中学生・果林が大〜好き。果林に悪い虫がつかないよう、日々役目に励んでいた。ところが果林の学校に転任してきた保険医・鳳堂貴続が果林に大接近! 聖は貴続を追い払おうと画策するが、逆に貴続の守護霊・凪にいきなり唇を奪われてしまう。恋にまったく免疫がない聖は、強引でオレ様な凪に翻弄され、そんな聖にシンクロして、果林まで貴続に惹かれていき・・・。果たして天界と下界を巻き込んだ恋のパラダイスとなるのか ・・・ !?(web Pastelより)

◆Cast:
森久保祥太郎(聖)
子安武人(凪)
下野 紘(果林)
大川 透(貴続)
小野大輔(朔)
杉田智和(京)

◆原作:高城リョウ




原作読了(コンプリート版)
感想はこちらから

守護霊界と人間界のラブコメ、と書くと凄い楽しそうなんですがなんかあんま楽しくない…(苦笑)
こーゆーノリを楽しむのには私は年ととり過ぎてるし(笑)

えーと、メインカプは貴続の守護霊である凪(子安さん)と果林の守護霊である聖(森久保さん)。
そして人間である貴続(大川さん)と果林(下野さん)です。


…………やーもぅ全くこの2組のカプは萌えないんですよ、声優の方には申し訳ないんですがこればっかは好みの問題ですから。

俺様傲慢ヤリチン攻とお元気アホっこ受カップル。
かたや教師とロリショタ中学生のカップリング


………無理。

特に中学生って!!!!あわわわわわ
ショタは無理です(チーン)




しかし脇カプの守護神同士のカプは……うふん(笑)
原作以上に凶暴で生理不順っぽい朔様(小野くん)とその部下の京(杉田さん)が笑えてかつうふん、と楽しめました。

しょっぱな登場シーンで、部下の京を平手打ちする朔様。
神がこんなパワハラヒステリーで大丈夫なのかと(笑)
小野くんはこんなBL脇役時代から凶暴女王様演ってたのねぇ…


そしてこの朔様、昔は凪と恋人同士だったらしく今も想い続けていて、現カノ聖を激しくいびるいびる!
このいびりっぷりに萌えます(笑)

お元気受っ子聖に対して、


『顔、取りえ無し!身体、寸胴!!色気、皆無!!!守護力…微妙………サイアク』
『どこをどう取ってもこの俺に勝る要素は一つもないのに…』


と言う台詞の言い方が凄い好き。
しっかし朔様、よっぽど自分の容姿や色香(笑)に自信あるのねー


で、まぁすったもんだ色々あって、女王朔様は自分の部下、京が己の事ずっと好きだったと気付くんですね。
朔様も原作より女王っぷりが割り増されてたんですけど、この京も原作に比べると更に腹黒っぷりが割り増されてます(笑)

「守護神でない貴方(凪の事ね)なんてもうメじゃない」なんてでかい口叩いておいて、結構簡単に凪にやられちゃうトコなんてオイオイ、と突っ込みいれたくなったよ(それともこれも朔様手に入れる為の作戦なの?)
杉田さんの敬語攻っぷりがなかなか素敵です。


無茶あま〜い台詞

『貴方の為にならないことはしないのです。
凪がいなくなって20年間苦しんでいる貴方も私はずっと側で見てきたのですよ?
もう少し素直になりなさい。本当はかわいい人なのですから』


って朔様に言うんですが、その言い方があの渋くて低い声で甘ったるく言うから聞いてるこっちが照れちゃうくらいヤバイ!
そんな声でそんな気持ち悪い台詞(笑)言うなんて反則だわ!!

対する朔様もツンデレ真骨頂!みたいな台詞吐いちゃってもーこの人たち一生やってて、な甘過ぎる雰囲気にむずがゆいわ!と思わず叫びたくなる。


杉田さんって美声だけど色気の無い人だなぁと認識しちゃってたけど、コレ間違いでしたわ。この人は乱暴な口調よりも丁寧語の方が色気があるのかもしれない…







まーそんな感じで腹黒敬語攻にヒステリー女王様受と言う脇カプに萌えました。
スピンオフとかあったら聞きたいなぁ〜〜〜!

だって腹黒部下が女王様な上司をオトすんですよ!
これに萌えずにどーすんですか!!(知るか)
| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】花嫁は翡翠に奪われる
◆Story
骨董商の凌は、香港出身の資産家、塔眞家の三男・貴砺の“秘密の花嫁”。初めは凌を罠にはめ強引に躰を奪った貴砺……だが、お家騒動の波乱を経て今、二人は愛の絆で結ばれている。そんな折、国宝級の青磁小瓶を巡って不穏な動きが……。凌に急接近してきたカメラマン、橋爪の正体は? ……闇の盗品市の実体は? ……さらに、凌の身を案じて縛りつけようとする貴砺との間に亀裂が……。危険なウェディングロマン♪(電子書店パピレスより)

◆Cast
深山凌 : 小野大輔/塔眞貴砺 : 大川 透/王月林 : 坪井智浩/橋爪正宣 : 古賀寛之
原作:水瀬結月
イラスト:一馬友己



原作未読。
だいぶ以前に購入。何も知らないで買ったからいきなりシリーズ2作目だし(全3作あるらしい)

えーと、何はともあれ音響って言うんですか?録音状態が酷いのがなんとかして欲しいですが……コレ、プロとして酷くないですか?
音が大きくなったり小さくなったり…聞いてて聞きづらい事この上ないです。
ここのレーベルはみんなこんな感じなんですかね。
そんな感じでちょっと所かかなり聞きづらいのがかなりネックなCDです。

えっと、内容は小野くんがまたも花嫁役。
声的にはあんま花嫁って感じ(じゃあ男の花嫁声ってどんなだ、って聞かれると困るんだけど)じゃないんですけど、どうして花嫁役が多いのかな(笑)
これはギャップを楽しめ、って事なんですかね。
私はニヤニヤ爆笑、突っ込み入れつつ聞きましたよ(笑)

で、花婿サマはBLならでは攻キャラ、超高ビーな香港出身の資産家ですよ。
もうこれはツマラナイ小言や突っ込み抜きで楽しまなきゃイカンな、と脳内をBLモードに切り替え。と言っても私、イマイチこのお話の軸となる「青磁小瓶事件」の意味がよーわかんないんですけどね…(私の頭が悪いのか?)

で、この2人は1作目で紆余曲折したらしく、今はラブラブ新婚カップルなようです。
小野くん演じる花嫁が「愛してます、貴砺さん」って台詞を何度も言うように強気なんだけど健気な子で結構この健気演技は可愛いじゃねぇか、となる(笑)

他にも「はい貴砺さん」とか「俺には貴砺さんだけです」「なんか貴砺さんって可愛い」とか可愛らしい健気ボイスが沢山あり。
いや、可愛いのは君だから、と突っ込んじゃうよ。

そんな感じで小野くんと言えば天海たん!(「さよならを言う気はない」)なイメージが強かった自分には結構新鮮で面白く感じました。

でも強情っぱり、と言うか頑固な子みたいで「嫁は家に入ってろ〜」という貴砺に反発するように仕事も続ける花嫁。
まぁ男の子だもんね、今時の女性だって専業主婦願望が強い人少ないんだからそりゃそうだな〜と聞いてると貴砺怒っちゃって無理やり挿入。
BLにはよくありがちな攻様のこの行動なんだけど、なんかこーゆーいかにもな攻様って私はイヤだなぁ…
でもこんな酷い事されてるのにこの花嫁ってば健気に耐えてるんですよね。
ここで貴砺さんを拒んだら余計溝が深まっちゃう、みたいな変な気を回しちゃって!!
もぉーなんて健気で可愛い子なのかしら。
貴砺さん、貴方花嫁よりも年上なんだからもうちょっと大人になってよ、と思わず呟いちゃうよ。でもそんな耐える花嫁に萌えちゃった自分もダメな大人だな…

まぁ結局そんな2人も貴砺のサプライズのお陰で(??)仲直りする訳なんですけど、何しろ事件がテーマになってるから肝心のメインカプの絡みが少ないんですよね。
貴砺といるよりもカメラマンの橋爪と一緒にいる時の方が多いと言う…
どうもこの橋爪が花嫁ちゃんの事好きになっちゃったらしいと後半でわかるんですけど、私は「え?!そうだったの???」と驚いたよ。
なんか花嫁にちょっかいかけてるのは分かるけど、LOVEな匂いがしないんですよ、橋爪さんは。だから当て馬にすらなってない。
どうせならもっとねちっこく当て馬になって欲しかったわ。(英田さんの「DEAD SHOT」シリーズのユウトとロブみたいな)
貴砺と花嫁ちゃんの絡み(濡れ場、って意味じゃないですよ〜)が少ないだけに〜
橋爪に対するツンツン態度な花嫁ちゃんは結構私好みなんですけどねー
貴砺に対するあまーい態度と橋爪に対するツンツン態度の差が可愛いと言うか、小野くんはやはりツン演技がエエですな。

で、最後は元サヤに収まって甘甘な濡れ場へ。
ここでの特筆は花嫁ちゃんの啜り泣き喘ぎ、かな(笑)
最後、イク時叫ぶのはアレだけど(笑/なんでイク時叫ぶのかよーわかんないなぁ…)この啜り泣き喘ぎはかなり自分の萌ポイントですよ。小野くんの啜り泣き喘ぎだけで元は取った!(…………)


あ、王さん役の坪井さん、超クールビューティーボイスで素敵でした〜
そしてトークでのうっぷん晴すかのような弾けっぷり&中華屋ワンさんに爆笑!
| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
昼も夜も……「ひねもす」
ランティス
¥ 2,150
(2007-06-27)
えーと、とうとう聴いちゃったよ…

声優が歌ってるCD手に取っちゃったよ!!!!


どんな声で歌うのかと興味出ちゃって。


ホント、「どんなだよ…」と戦々恐々と手に取ってみた!!!!!!



だって私、声優が歌っているというと「林原めぐみ」とか「NG-5」しかイメージできないんですから(古ッ!)

あーゆー系統だったら今の自分には耐えられない!って思ったんだけど…




…………あれ、意外と普通じゃん(ある意味失礼)

最後の大輔DAISUKIを除けば………


声エフェクトかかりまくってるからイマイチリアルな声がわかんないんだけど。
でも清潔感ある色っぽい声ですね。

小野くん、しっとりとバラード曲歌い上げてますよ(笑)←なんか笑っちゃう、って失礼だな


結構「深淵」はリピートしちゃって不覚な事、この上ない。


しかしこの「深淵」のしっとり〜♪から唐突に大輔DAISUKIが始まっちゃうからね。
雰囲気ブチ壊し(笑)
君は本当に私より年下なのかい?と年令詐称疑惑が…


そして何故「気持ち悪い」と言われてるのかよぉーく理解できました(笑)


あーこの調子で戦々恐々としながら「雨音」とか聴いちゃいそうだよ。
まさか自分が声優のアルバム手に取る日が来るなんてなぁ、ショックですわ。







小野君ついでにBLCD「守護霊様に憑いてコイ」聴きました。
小野くんがツンデレ女王様で、主人公の受子をイビってて愉しく聴けました(笑)
お前、生理か!と言う位ヒス起こしてて萌ゆる(何萌えだ)

で、そんなヒステリーDV女王様のお相手は杉田さん。
「この愛を喰らえ」で、ものすごい美声だけど色気が無い人だなぁと思ってたけど前言撤回。
聴いてて照れるような甘〜い口調がエロかった(あの低音美声だから倍増!)
この2人のカプはサブなんでメインでがっつりと聴きたいなぁ〜〜〜切実に!


で、このCDには声優さんのフリートークが入ってて12分くらい喋ってるんですが、私初めて小野くんがトークしてるの聞いたんですが…(キャストロール程度しか聞いた事ないんで)なんか凄い微妙だった…(笑)
いきなり下ネタから始まり、聞いてもいないのに嫉妬深いと告白する小野くん。
周囲の声優さん方、扱いに困ってるっぽかったのは私の勘違いじゃないと思う…(笑)




| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】「愛してる」
◆Story
四つの季節を通して描かれるある二人の愛の軌跡――。
COLORS.1冬/ COLORS.2 春/ COLORS.3夏/ COLORS.4 秋。
コアマガジン刊「drap」で連載終了を迎えたCOLORSシリーズが「愛してる」という新たなタイトルをもって、2008年3月に刊行されます。「シャンプー」(コアマガジン刊)で鮮烈なデビューを飾った藤谷陽子のBLコミックス第二弾をコミックス発売に合わせてドラマCD化! コミックスとドラマCDを同時発売!(Tiala公式サイトより)

◆Cast:
晴友( CV.平川大輔), 和志( CV.小野大輔) /てらそまさき





何度聞いても寝てしまう…
って書くとツマラナイ、って思われそうなんですが別にそんな事はなくて、なんと言うか私的にこのCDは雰囲気ドラマCDって感じかな(分かりづらい…)

特にドラマ部分に大きな事件が起きたりするわけでもないし、すでに晴友と和志はカップルとして登場してくるので、2人がくっつくまでのお話でもありません。
2人が恋人同士として過ごす、春、夏、秋、冬…四季を通してゆったりとした流れで描かれて行きます。
四季を音として表現するのは結構難しい事だと思うんだけど、台詞の端々に四季感が出てて、そういうのが好きな自分は楽しめました。


「秋」でのもみじのケーキとかどんなケーキなんだろうなーとか、「冬」での寒い中を仕事から帰って来る和志の為に作った晴友のシチューとか、あー冬っぽいなーなんて思った(って全部食いもの関係じゃん!/笑)
そんな台詞の端々に季節感があって、情緒があるねーなんて思う。

まぁそもそも私は結構寝ながらBLCDをかけて寝てる人なので、このCDは子守唄にはもってこいですよ(笑)
いい気分で寝れると言うか…登場人物もストーリーもきれいだから。
「ロッセリーニ家の息子/略奪者」もよく寝る前にかけて寝てるんですが、何故か濡れ場になると目が覚めちゃったりするんですよね(笑)

えーと、話戻してホント、このお話って何か事件が起きたり、BLによくあるすれ違いとか勘違い(笑)があるわけじゃなくて、カップルとして愛を深め合う2人のお話なんです。
晴友は清掃員をしながら料理人を目指してて、和志は一流商社の御曹子でありながら仕事熱心で仕事一筋な人。
そんな人生に真剣な2人が恋も仕事にも一直線なお話。

ひねくれた自分には2人の一途さは眩しすぎるし、そもそもこんなきれいな恋愛あり得んのか、と思っちゃうんだけど、でもこんな恋愛の姿があればそれは素敵だなと思う、と言うか思いたい(笑)
清掃員と御曹子のカップルだってこんな格差カップルあり得ないよーと思うんだけど、そもそもBLってあり得ん設定だらけ(アラブとかー893とかー)なのに思わずそう思っちゃうのは、このストーリーが身近に感じるから、なのかな。


まぁ何度聞いても途中で寝ちゃうけど、それはこのCDがリラックスヒーリングBLだからです(笑)
透明感のある、きれいな雰囲気を持ったCDでした。



キャストはこれは誰もが思いそうですが、何も知らないで聞くと小野くん演じる和志が攻で、平川さん演じる晴友が受だと勘違いしそうですよね。
一応ちゃんと最後までしてるシーンもあるけど、攻の平川さんの方が喘いでる始末だし(キャラ的に子犬系で可愛い系攻。無茶可愛い声で平川さん演じてます。)
小野くんは声的には893の天海たん系の声でツンデレリーマン演じてます(笑)
しかもこの和志、結構即物的な受みたいでツンデレの癖してエロ事にはためらいがない(笑)


晴友が和志のためにシチュー作って、「おいしい」と言う和志に、「和志くんへの愛情が入ってるから」と言うシーンがあるんですけど、そのシーンでは目茶照れてツンデレっぷりを発揮する和志。
なのに朝5時に飛び起きて、晴友にしゃぶしゃぶしてあげる和志・・・
(晴友とエッチせずに寝ちゃったのでもったいないと思ったらしい/笑)
なかなか不思議な感性です(笑)

あ、そういえば結構新鮮だと感じたのは小野くんが受でリーマン役って私には新鮮でした。
なんか893だの花嫁だの刑事だのイロモノっぽい役が多くて、意外と普通の役って少ないんだなぁ…
| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】誘惑レシピ
◆Story
イケメン野獣×純朴眼鏡青年の極上恋愛レシピ☆
とある事情でチーズ専門店「マリアージュ」のオーナー代理をすることになった赤池雄矢。仕事にも慣れてきたある日、何かと面倒をみてくれていた本郷櫻に、いきなり唇を奪われてしまい!? 楢崎壮太が贈るアダルトラブv(公式サイトより)

◆Cast
本郷櫻:森川智之/赤池雄矢:宮田幸季/吹上啄朗:小野大輔/植田智秋:鈴村健一/岩塚学:羽多野渉



メインカップリングは本郷/赤池なんですが、もちろん私は岩塚/タクロー目当てで聞きました。
なんか微妙にラブ度が「2」よりも高いのは私の気のせい?


無茶苦茶食い下がる岩塚@羽多野きゅん。
デート断られても、イキナリ「ホテル行きましょう。遊びでいいから俺とつき合ってください。」と強引にさそったりと猛烈アタックして当然断られても食い下がります(笑)
ちょっと恐い程ストーカー入ってるよ、岩塚君!!

イキナリ「ホテル行きましょう」はねぇだろ!(笑)
でもね、羽多野きゅんの低音年下ボイスがたまらなく愛おしいんだよなー

タクローは2よりもおバカ演技ではない(でもアホっぽいんだけど)落ち着いた感じで、こっちの方がナチュラルで私は好きかなー。
もちろん2のおバカ演技もたまらなく可愛いんだけどねー(なんでもいいんだろ…)

で、やっぱり羽多野きゅんの怒鳴り声にまた萌えた!(笑)
公園で2人で言い争うシーン。
タクロー@小野君の「バカっ!わかんねぇよ!!」と叫ぶ声も可愛いです。
低音怒鳴り声、羽多野きゅんとちょっと高めの声で怒鳴る小野君との声のハーモニーが良いですな(何萌えだよ)


で、このケンカシーンのあと、好きになるかわからない、と言うタクローに「俺と最後までやれたらタクローさん俺の事好きですよ」とまた大胆発言かましてくる岩塚(笑)
なんかね、もうタクローも認めればいいのにーと単純に思うよ。
可愛い声で岩塚に抱かれてるしー。
好きじゃなきゃできないだろう。
しかも「キスしてもいいですか?」と最中にいちいち聞いてくる岩塚に「うん」ってとてつもなく可愛い声で返事するタクロー。この「うん」って声が無茶可愛い!
その後、「動いてもいいですか」とこれまたいちいち聞く岩塚に「ばかっ!いちいち聞くな」と小声で怒る声がまた可愛いんだよねーって語彙力なくて可愛いばっか言ってて自分でも嫌になるな(笑)


で、職場でもキスしてきたりとまとわりつく岩塚の年下ワンコ攻っぷり。

タクロー:「そんな捨てられた子犬みたいな顔すんなよ」

ってどんな顔してるんだよ、岩塚!(笑)
羽多野きゅんの年下ワンコ攻演技、堪能させてもらいました(笑)

こんな感じだったから、2ではもうちょっとラブラブな、っつーか岩塚にとって幸せな状況であってもいいんじゃないかい?と思った。
岩塚@羽多野きゅんがしっぽぶんぶん振って喜んじゃうような声、聞きたいなー(笑)



あ、全然本編カプにふれてませんでした。
たった17、8分程の岩塚/タクローカップル、っつーか羽多野きゅん/小野くんボイスに悶えすぎた。

本郷/雄矢カプはもっと乙女チックに手さえ握るのもドキドキ★みたいなストーリーでもいいんじゃないかと勝手に思いました。
いや本郷が野獣系、という設定だからそりゃ無理なのかもしれないけど、なんか体の弱い雄矢を半ば強引に抱いちゃうのがなんか私的には頂けないと言うか…弱い者イジメに聞こえちゃうと言うか…(笑)




| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】彩おとこ
◆Story
時は大正、大衆文化は華やかなれど未だ男は美よりも力の時代。蘇芳は弟の丁子らと協力して男物専門店(メンズショップ)「SUOH」を開店するが、なかなか思うようにいかない。さらに、蘇芳が惚れた陸軍少尉・五道に美を否定されたり、両刀使いの用心棒・岩吾に兄弟揃って狙われたりと色恋方面も前途多難……!粋に酔え、ベルエポック・ダンディズム!(Three Fat Samurai HPより)

◆原作:鳥人ヒロミ(「ディアプラス」より連載中)
◆Cast
石川蘇芳/CV:鈴村健一/石川丁子/CV:小野大輔/五道志信/CV:小杉十郎太/中室岩吾/CV:黒田崇矢/石川藍/CV:柿原徹也




数少ない、私が聴いた小野くんのBLCDの中(ネコ役に限る)では一番好きな演技と声だと思う。

原作は未読です。

あまりレビューを見た事がなかったので、期待しないで聴いたのですがストーリーとか物語のテーマが明確で楽しめました。

しょっぱないきなり女性のナレーションで「時は大正〜」なんて始まるので「ゲッ!?」とトンデモ作品かと思ったのですが、後は普通だったので安心。


男も女のように華美に着飾ろうぜ!それがイキってモンじゃねぇかい?と言うのがこの物語の主役である蘇芳の考え。
蘇芳は女顔の美形で、筋金入りの男色家でスキモノ(笑/と思われる)
だけど一人称が「おいら」だったり声をあててる鈴村さんがやんちゃボイスで演じてるので可愛らしい感じ。威勢よく担架切ったりと女顔なんだけど男っぽいのがいいです。


そんな感じで、全編通して「粋」「いなせ」「男気」「伊達者」って単語をとても感じさせられます。
男は内面で勝負!じゃねぇだろ、シャレた格好で着飾る事も男気ってモンじゃねぇかい?みたいな…(思わず江戸っ子調に言ってみる)

黒鬼と呼ばれる岩吾もそんな感覚の持ち主で「いなせだね〜」と思わず呟いちゃいたくなる色男っぷりなんですよ。遊廓の用心棒で蘇芳、その弟の丁子を2人いっぺんに喰べようとするシーンは爆笑!!逆なら見た事あるけどどーやってヤル気だよ!!
岩吾の声をあててる黒田さんの声がねぇ、なんか雑誌「レオン」に出てきそうなチョイ悪オヤジ、みたいでイヤらしいんだ!(笑)
最初の登場シーンで、SUOHで非売品の着物を買う時、丁子に高い金額ふっかけられるけど「ヘッ!これで一文なしだ!」と言う言い方がねーーーイナセだねーなんて思っちゃう。
ま、なんて言うかあらゆるシーン全てで言い方がエロいんですよ(笑)
でもジャケット絵を見る限り、岩吾って若そうに見えるけど一体いくつなんだ…

あとはこの三兄弟のお母さんが結構いい味だしてるんですよ。
元花魁でこーゆーおかんだから、こーゆー子どもたちが生まれるのねーみたいな。
しかしお母ちゃんの「この家の空気は少し淀んでるから」発言に不穏なものを感じますよ。え、何、なんかあるのかな、この家。
血の繋がった長男と次男がかなり近親相姦くさいんだけど、この2人は肉体関係まではいってるのかCDを聴いてる限りは謎です。
でも次男丁子はかなりあんちゃんラブ光線発しまくってます。

で、この次男を小野くんが演じてるんですが、今まで小野くんって声と演技に変なクセがある人、って認識してたけどこの丁子役はクールで常識人っぽい演技で好みでした。

兄が好きな軍人、五道志信が石川家で夕食を食べるシーンがあるんですが、食べ方が汚いのにコンプレックスを持ってる兄は案の定ボロボロと食べ物をこぼしたりと汚い食べ方を好きな人、五道志信の前で晒してしまいパニックに陥ります。
軍人で真面目な五道志信はそんな兄蘇芳を見て、眉を顰めてますます蘇芳はパニック&自己嫌悪。
そんな兄、蘇芳を「あんちゃん、落ち着いて」「あんちゃん、俺がいるから大丈夫だ」なーんて言う丁子@小野くんの声は普通にカッコえがったです(笑)
そんな感じで丁子役は男っぽいカッコイイ声でクールに演じております。
小野くんの声ってカッコいい声だったんだなぁ…(やっぱり)と実感させられました(なにそれ)

で、このCDは続き物です。
正直カップリングが迷走してて最終的に一体誰と誰がくっ付くのか分からない!

一応認識できるのは、蘇芳はカッコイイハーフの軍人、五道志信が好きです。
でも五道志信はカタブツでしかも信仰する宗教の関係で同性愛は認める事ができない。
でもでも志信も蘇芳の事、結構意識してるんだよねぇ…
カタブツ/豪快淫乱受は結構私、好きです(聞いてない)

次は蘇芳と丁子の血の繋がった兄弟。
丁子が兄に対して行き過ぎた愛を抱いてるのは分かるし、兄蘇芳も「丁子よりも好きになれる人ができた」とかモノログってるので両思い(?)なのは分かるけど、この2人、肉体関係は無いように思われる。
しかし何かの拍子に肉体関係へいってしまうような危うさがあって、それがイケナイ事のように描かれてる(いや、もちろんリアルに考えて近親相姦てイケナイ事なんだけど)
BLってお気楽な近親相姦とか結構沢山ありますけど(笑)このお話の中では近親相姦はそう簡単に超えてはいけないタブーとして存在してるように思われるので、なんかこの2人にはくっついて欲しくないなぁ。
くっついても不幸感たっぷりな感じがするんだもん。

そして最後にこのCDで唯一のカラミがあった黒鬼岩吾と丁子。
金策の為に両刀使いの岩吾に抱かれる事になった丁子と、美形な丁子を抱いて遊ぼうとする岩吾。愛よりも利害の一致で結ばれた2人。
ちなみにあと19回、丁子は岩吾に抱かれなくてはなりません(笑)
1回目の濡れ場はまぁ初めてなので丁子、痛そうに抱かれてます。でも私は痛い中にも丁子もちょっとは感じてたんじゃないかなぁと思ってる(笑)
だって小野くんの痛そうな喘ぎがそんな風に聞こえたんだもん。だからそう解釈。
やっぱり小野くんの喘ぎは私、好きだわー(……)

私的にはこの2人、くっついて欲しいなーと思う。
丁子ってばゲス野郎とか岩吾のこと罵ってるけど、粋でいなせな岩吾に惹かれてるっぽいし。それに何より男っぽい声の小野くんの声と、エロ「レオン」ボイスな黒田さんの声の相性もいいと思うし。
次があれば是非、エロい黒鬼に攻められてドロドロに溶けまくった丁子の喘ぎが聞きたいですな(笑)


あ、ちなみに蘇芳も一応濡れ場があります。
変態おじいちゃんに縛られて張り型で攻められて喘がされてます(笑)
でも帰りに迎えに来た志信にキスせまったりと可愛いらしいラブなシーンもちゃんとあります。

フリートークでは新人(だよね??)柿原君の若者らしい「器デカッ!」発言に爆笑!
黒田さんは小野くんを味わいつくしたようで羨ましいよ…(笑)



続き、でるのかな????
是非出てほしいな。この4人がどうなるのか気になるよ!
っつーか黒田さんと小野くんの絡みが聞きたいわ(笑)


※CD視聴後、原作1巻〜4巻まで読みました。
感想はこちらから
| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】「誘惑レシピ2」BiNETSU
◆Cast
岩塚( CV.羽多野渉), タクロー( CV.小野大輔), 赤池雄矢( CV.宮田幸季), 植田智秋( CV.鈴村健一), 本郷 櫻( CV.森川智之) 他

原作:楢崎壮太

◆Story
イケメン野獣×純朴眼鏡青年の極上恋愛レシピ 第2弾!
とある事情でチーズ専門店「マリアージュ」のオーナー代理をすることになった赤池雄矢。
仕事にも慣れてきたある日、何かと面倒をみてくれていた本郷櫻に、いきなり唇を奪われてしまい!?

大人気レシピシリーズ2枚目が登場。豪華キャスト陣をお聞きのがしないよう!今回はコミックスと同時発売☆
第2弾は、岩塚とタクローの馴れ初め編。タクローがどうやって惹かれていったのか、利き所満載!
そんな岩塚×タクローと本郷×雄矢の愛が育まれている中、植田にも・・・!?(公式サイトより)


アホっ子おのでぃ炸裂!

「愛してると言う気はない」と一緒に聴いたせいで凄いギャップが…
喘ぎ仕様も893の天海たんとは違います(笑)


しかしどーでもいいけど、私はPCのiTuneで聴いてるんですが、「アーティスト」の所に「羽多野渉×小野大輔」って表記が出てきてビビった!(笑)
ちょっとこれ、いーのー???(笑)

簡単な説明と言えば…
私は1の方は聴いた事無い&原作知らないんですが、こちらは1ではサブキャラだったタクロー(小野くん)と岩塚(羽多野くん)メインのお話です。
タクローは一見軽そうなホスト系ビジュアルなヘテロセクシュアル。
塚くんはバリバリのゲイで年上のタクローに惹かれてます。


このタクローがお調子者って役どころで、小野くんの弾けたかるそ〜でオバカ(でも空気は読めるよ)演技が楽しめます(笑)
笑った声が本当にバカっぽくて(失礼)可愛い!
そして何故か元横綱の千代の富士のモノマネをしはじめるタクロー。
これ、小野くんのアドリブのよーな気がするけど(タクローの年令で千代の富士は知らないだろー)千代の富士って古いよ!若いお嬢さん、知らないだろ〜
前から思ってたけど、小野くんからは濃厚な昭和の匂いがします(笑)


そして普段のタクローはオバカでお調子者なんだけど、濡れ場になるといきなり色気が増すのはどういう事だ(笑)
まぁヘテロなんで驚いて奇声発したり、どったんばったんモノ破壊しながら励んだりと騒々しいんですが。
しかしSE…ありえない音出し過ぎー
可愛いイメージに(楢崎さんの絵ね)そぐわないぞ…
あれじゃ、岩塚くん、一体どんだけタクローの口の中に出したんだよーとつっこみ入れたくなった!あ、だからムッツリなのか(笑)


ただね、難点言わせてもらえば原作は知らないんですけど、これじゃタクローがただ流されてるよーに思えるのが…
やはり私的にはヘテロのタクローが岩塚に惹かれる部分も見たいんですよ。
悩みつつも男に惹かれてどーしよーみたいな部分も見たいのよね。
うん、胸キュンが欲しいのよ。


年下の岩塚君は無茶ストレートにタクローにぶつかっていく所がいいですね。
「好きです。」「俺とつき合ってください」などなどストレート!
羽多野君の落ち着いた年下ボイスがいい感じです。
岩塚君が切々とアホっ子タクローを口説く度にキュン!とキます(笑)
タクローにしゃぶしゃぶされて喘いでる声も男っぽくてイイ感じですよー(ニヤ)
この後、「気持ちは後で貰います。今は身体だけでいい」と興奮した岩塚君(いいのかよー)に押し倒されるタクローの嫌がりっぷりに萌えました(何萌だよ!)
小野くん、声裏返りっぱなしで色っぽいぞー
アホキャラの癖してこんな時だけ色っぽいなんて反則!
そして「タクローさん」と何度も切な気に囁き、「早くあんたの気持ち、俺に…くれよッ」と余裕の無さっぷりに萌えた!いい方がエロイッ!!

そして小野くん、やはりイク時は叫ぶんだな…(笑)
叫んだ後、「ふぅ…」なんて小さく息吐くのが毎回可愛い…


トラック5はオールキャラで岩塚( CV.羽多野渉), タクロー( CV.小野大輔), 赤池雄矢( CV.宮田幸季), 植田智秋( CV.鈴村健一), 本郷 櫻( CV.森川智之)が花火大会に行こう!と言うお話。

本郷役の帝王…もうちょっと若々しい声の人にやって欲しいなーと思ってたんですけど(役が24歳だし)またも孕ませ声出してますよー。花火大会会場で!(笑)


なにはともあれ、小野くんファンの方にはオススメです。
(カッコイイ小野くんを求めてる人はダメですけど/笑)


| yuki | BLCD-小野大輔 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<new | top | old>