楽園まであともう少し

BL(主にマンガ)レビューやらその周辺
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
メールフォーム
ご意見ご感想どうぞ
Mail Form
RECOMMEND
サウダージ 後編
サウダージ 後編 (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,鳥海浩輔,浜田賢二,遊佐浩二,平川大輔
個人的には後編が気に入ってます。鳥海さんの魅力炸裂、そしてハマケンもキャラの割には優しさが滲み出てていいです
RECOMMEND
ボーダー・ライン(1)
ボーダー・ライン(1) (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,三木眞一郎,鳥海浩輔,小杉十郎太,立木文彦,浅野真澄,志村知幸,斉藤次郎,羽多野渉,小林和矢,小室正幸
トラック10、必聴!
演出と演技者の技が冴えてます!
RECOMMEND
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション) (JUGEMレビュー »)
西田 東
萌えた!!!!!
バンブーの先生はやっぱ最高です。
どの受もかわい子ちゃんばかり!
RECOMMEND
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス)
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
西田 東
ジャックと新海の関係がデンジャラスで続刊が気になる
RECOMMEND
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
怒濤の最終巻!!ダークでスピィーディーなストーリー。
喫茶「デコイ」のマスターは藤達也のイメージっす
RECOMMEND
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
奈良絵最高!
男たちの因縁、生き様に眼が釘付け
RECOMMEND
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
岡田屋 鉄蔵
人を愛する事、愛される事っていいなぁとシンプルな感情に酔わされる
RECOMMEND
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
まさかBLで「愛の不在」を描かれるとは!!!!
人間のどーしょーもなさに嫌々ながら共感してしまう。
RECOMMEND
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫)
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫) (JUGEMレビュー »)
赤江 瀑
赤江氏の書く男たちはどうしてこんなにも獰猛でアンニュイで美しいんだろう。赤江好きは必読。
RECOMMEND
純愛エゴイスト2
純愛エゴイスト2 (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
好戦的な真っ黒お目目な野分と美人系ヒロさんのカバーイラストに心臓鷲掴み。
RECOMMEND
純愛エゴイスト
純愛エゴイスト (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
春菊氏のカバーイラストが美しすぎる
RECOMMEND
RECOMMEND
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
スペインとえすとえむが絡まったらそりゃ萌るって
RECOMMEND
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
よしなが作品でいちばん好きだ
RECOMMEND
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス) (JUGEMレビュー »)
遙々 アルク
ヤマシタさんの台詞使いも好きだが、アルクさんのモノローグも大好きだ
RECOMMEND
欲望の法則
欲望の法則 (JUGEMレビュー »)

暴走する愛欲と嫉妬!キッチュでクィアーな暴走特急の果てに涙が…
RECOMMEND
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection) (JUGEMレビュー »)
深井 結己
ドロリ、とした人間描写がたまらん
RECOMMEND
ポーの一族 (1)
ポーの一族 (1) (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
図書館にあって読んだけど名作です。コレを置いてくれた図書館に感謝!
RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
連続殺人鬼同士のデンジャーすぎる愛の姿。モデルはデニス・ニルセン(英)とジェフリー・ダーマー(米)
RECOMMEND
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション)
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション) (JUGEMレビュー »)
有間 しのぶ
青春の〜かほりわぁ〜♪そんな歌を唄いたくなる。台詞使いが上手い
RECOMMEND
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
白と黒の世界に惚れました
RECOMMEND
ベルベット・ゴールドマイン
ベルベット・ゴールドマイン (JUGEMレビュー »)
ユアン・マクレガー
己のセクシャリティーを受け入れたアーサー君に共感ビンビン!カート&アーサーのメイクラブは映画史上で一番素敵なベッドシーンだと思う
RECOMMEND
願い叶えたまえ  (3)
願い叶えたまえ (3) (JUGEMレビュー »)
西田 東
西田作品はどれもいい。愛する事の痛みと希望があります。
RECOMMEND
聞こえない声 HertZシリーズ
聞こえない声 HertZシリーズ (JUGEMレビュー »)
京山 あつき
きゅきゅ〜〜〜んッ!
青春の匂いがする!
RECOMMEND
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3))
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3)) (JUGEMレビュー »)
李丘 那岐
キケンな美形ヤクザ×男前板前。これに萌えずにどーする。この二人の続編希望!
RECOMMEND
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
30代の憂鬱に萌!
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
【BLCD】アーサーズガーディアン赤版/disc2密林の覇者(スター)
 ■Voice Cast 
山吹戒人:前野智昭 
クリスティアン・シュナイダー:三木眞一郎 
グレッグ・メイヤー:高橋広樹 

原作:Unit Vanilla(和泉桂・岩本薫・木原音瀬・ひちわゆか) 
イラスト:蓮川愛 

三木×前野 

■Story 
俺の名前はカイト・ヤマブキ。君のために雇われたサバイバル・インストラクターだ── 
俳優である両親と有名映画監督の伯父を持つハリウッドのサラブレッド、クリスティアンは、恵まれ過ぎた環境ゆえに何に対しても本気になれず、奔放な毎日を過ごしていた。 
そんなある夜、パーティから帰る途中、黒服の男たちに拉致されてしまう。 
目覚めたのはセスナの中。目の前には、端整な容貌を持つが無口で無表情な鬼軍曹・山吹戒人がいた。否応もなくジャングルに強制ダイブさせられたクリスティアンとカイトのサバイバルな生活が始まる……!! 
誰も本気になれなかったクリスティアンが、初めて恋した相手とは……!? 
続きを読む >>
| yuki | BLCD-A(Title) | comments(0) | - | - | - |
【BLCD】愛かもしれない/山田ユギバンブーセレクション
 「愛かもしれない/山田ユギバンブーセレクション」 
原作:山田ユギ 

ユギ先生CD、第一弾に引き続き、第二弾です。 
実は第一弾は「さすらい」しかリピはしてなかったんですが(苦笑)第二弾の方は全体的にバランスも良くなってて面白かったです! 
そしてさらにパワーアップしたイトケン演じるピーチパイのママが最高です(笑) 
コミカルかつテンポがよくて、イトケンと言うより「ピーチパイのママ」がそこにいた!!!!(笑) 
続きを読む >>
| yuki | BLCD-A(Title) | comments(0) | - | - | - |
【BLCD】美味しいカラダ
 ■Voice Cast 
麻倉佳久:森川智之 
真田隼人:檜山修之 
麻倉伊吹:杉山紀彰 
野坂大輝:私市淳 

■Story 
「いい体してると思ってな。さすがパティシエだ」 

亡き父の店を弟と二人で切り盛りしているパティシエの麻倉佳久のもとに、ある日松嶋屋百貨店の御曹司・真田隼人が出店の話を持ちかけてきた。 
デパート嫌いの佳久は話も聞かず断ったのだが、真田はそんな佳久の店を閉店の危機から自らの財力で助けてくれたのだ。 
真田の真意が分からず何か裏があるのではないかと疑った佳久は、店を売らない保証を得るために自分の体を差し出すと言ってしまい…!? 



原作:藤崎都  
イラスト:陸裕千景子 

檜山×森川 
続きを読む >>
| yuki | BLCD-A(Title) | comments(0) | - | - | - |
【BLCD】愛だろ、愛!山田ユギバンブーセレクション
新しいPCも買い替えたので、ブログにアクセスしやすくなりました!

って事でこちらのブログでは某所で書いた記事の転載場所になりつつありますが・・


そして拍手を押してくださった方々、ありがとうございます!


続きを読む >>
| yuki | BLCD-A(Title) | comments(0) | - | - | - |
【BLCD】YEBISUセレブリティーズ
◆Story
Yebisu Graphics−−セレブな男たちが集まる凄腕デザイナー集団。人嫌いのデザイナー益永は、苦手だったはずの同僚・久家に抱かれてしまい…。人気沸騰! クール&セレブなスタイリッシュラブv(b-boy webより転載)

◆Cast
益永:千葉進歩
久家:神奈延年
はるか:鈴村健一
大城:小杉十郎太
笹生:私市淳
綿貫:成田剣
高館:伊藤健太郎

原作:岩本薫&不破慎理

原作未読


神奈さんのアッパー系演技、最高!(※アッパッパーじゃないよ!)


えーと、神奈さん目当てで前から聴きたいなーと思ってたんですけど、聴く心構えが出来てなくて先延ばしにしておりました。

え、何故ってそれは非常に下らないんですけど神奈さんの役柄が「純情エゴイスト」の野分と言う年下攻カテゴリーと被る&しかもその相手役の伊藤さんがこれまたツンデレ受カテゴリーで他の人とペアリングしてる(らしい)って事でビミョ〜な気分になってたからです。
えぇ、もうバカだと思います(笑)
でもよりによってなんでお二人とも、性格は違えどビミョ〜にカテゴリーの被る役柄なのか…エゴイスト好きな私は非常に複雑だったんです(本当にアホすぎる!)

まぁそんなこんなで先延ばしにしつつやっと聴きました。


まずお話から。
舞台は都内、恵比寿にあるデザイン事務所、Yebisu Graphics。
残業無しのデザイン事務所なんて……そんなトコ無いだろう……しかもスーツ着用必須なんてあり得ない……スーツが嫌でデザイナーになった人がいる位なのに…と微妙にツッコミつつ聴く……

いや、それ以前に何故この事務所は男しかいなんだ、とか何故みんなゲイなんだ、とかまず先にそこを突っ込むべきなんだけど、BL慣れした私は全くそのへんスルーしちゃってるのは人間として完璧にダメすぎる……



えーと、気を取り直して!

神奈さんの役、久家はタカビー傲慢若者。職種はグラフィックデザイナーです。
派手な女関係と派手な顔だち、生い立ち(親族は芸能界)のせいで作風も派手な様子。
そして趣味はセックス………(チーン!)

学生時代に賞を取っても「まぁもらっといてやるよ!」な〜んてビックマウスっぷり。
社長の大城に対しても「あぁ〜ん?」と態度デカイ。
でも実は好きだったという益永に対しては結構紳士な態度、ですよね??
(自分の感覚に自信がなくなってきた)
なのでそんなに嫌な奴、って感じはしなかったなぁ。

対してお相手は千葉さん演じる益永。
エディトリアルデザインが専門で、性格同様一人でこつこつと作るタイプみたいです。
黒髪、眼鏡のクールビューティータイプ、な様ですが私にはクール、には見えなかった。
千葉さんのお声が割と低くて硬質だったせいでなんとか成人には聞こえるんですけど、言動が幼い…こんなんでアートディレクターできんの?とかちょっと思っちゃった;

まぁ接触恐怖症、みたいな病気(?)があるみたいなので仕方ないのかもしれないんだけど、一方的に久家に別れを告げて「セクハラで訴えてやる!」とういう言動には久家同様、私も「なんて酷い男なんだ!」と思った。

多分それってこのお話がシリアスベースでコメディーな部分がないからだと思うんですよね。最初、嫌ってた久家にキスされて「なんて気持ち悪いんだ…」ってモノローグがあるんですが、私、このシーンコメディーじゃないのに笑ってしまったし。

益永が仕事に真面目で丁寧な人はよくわかるんだけど、人柄的に魅力のある描かれ方をしてないと言うか…あくまでBLの受的な魅力(かよわい、繊細)しか見えてこないのが残念…。原作では違うのだろうか…


なので益永に対してそんなに萌を感じなかったから、そんなにこのペアリングが魅力的、には思えなかったんですよね;

あ、でもでも仕事で失敗した久家を益永が助けて、はるかや笹生がサポートするシーンとかこの辺りの「仕事描写」は好きです。
こーゆーのあると相手に対するリスペクトも愛も深まるよなー


そして、何度も言う様で恐縮ですが神奈さん演じる久家演技は素敵でした〜〜
少し高めで掠れた声がやっぱり色っぽい!!!!
野分の一途なんだけど、しれっとした演技もいいけど、こーゆー色男役もいいですね〜〜
しかも濡れ場がまたワカゾウらしい青さと色っぽい息使い!
「すげ、締まる、もってかれそう…!」この台詞の青臭さが癖になりそう(笑)

そしてトドメはボーナストラックの「ボスの説教部屋」。
実は私、本編よりもこっちを何度もリピートしてます(笑)

ここでのボス大城VS久家のピ〜〜合戦は神奈さん&小杉さんのテンション高い演技に大いに笑わせて貰いました。
いやー神奈さん、コメディー演技も上手いです!
メリハリの効いた演技に大いに笑わせてもらいました。
| yuki | BLCD-A(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】異国色恋浪漫譚 第二幕
インターコミュニケーションズ
¥ 2,565
(2004-09-05)
◆Cast
近江鸞丸:伊藤健太郎
アルベルト・ヴァレンティアノ:諏訪部順一
近江薫:川上とも子
権藤龍司:置鮎龍太郎
カルロ・ヴァレンティアノ:若本規夫

原作:やまねあやの


前作のCD感想はこちらから


前作がリリースされてから1年後にこの続編が出たようですが、お話的には前作のヘリでアルに救出された直後から始まって結構驚きました。
っつーか原作のやまねあやのさんの漫画にはオマケ的な漫画しかなかったので、一体CDでの続編はどうなるのかと思ってたのですが、完全にオリジナル、と捉えていいと思います。
なのでアルのパパとか出て来たりして、まぁ美声声優4人も集めてドタバタコメディーと贅沢なキャスティングだなーとなんか笑えます。
声だけで大人の色気溢れる4人の男性声優が

「ふんどし丸見えだぞ」「俺は薫が好きであって断じてこいつに惚れてるわけじゃない!」(悲壮感たっぷりに)
by権藤

「ボーンジョールノ〜ベラドンナ!!
見た事のない大和撫子がベッドに眠っていたのでね。どこから迷い込んだのかな、この小鳥は。おお、なんとチャーミングな小鳥だ。是非とも私の腕で飼ってみたい。
ンゥ〜〜〜ン←チュ−をしようと唇をとがらせる音」
「くるしゅ〜ない、ちこー寄れ、お代官ごっこが嫌なら大奥ごっこをやろうではないか!」
byカルロ・ヴァレンティアノ

「あぁ、朝から素敵なふんどしのお尻が!夢のようです」
byアルベルト・ヴァレンティアノ

だのとアホ台詞バンバン言ってて妙に笑えるんですよね。
鸞丸は3人の男たちに迫られてわーわー叫びっぱなしだし。
男らしい美声が悲壮感滲ませて叫ぶのはイイですね(またも変態発言)

特にアルパパ役の若本さん、怪演としか思えない(笑)
さすがアルのパパ。
アルの前作でのアホっぷり&キザっぷりも笑えたけど、こっちは完全頭おかしいおじさんとしか思えない。腹よじれるかと思う程笑わせてもらいました。
んーでももうちょっと鸞丸に真面目にご執心してる感じがあれば良かったかな〜
なんかただ変なおじさん、って感じが目立ちすぎちゃったかなーと思うので。

他にも鸞丸の舎弟たちの様子とか、全体的にドタバタコメディータッチで笑いました。

なのでもっとアルと鸞丸のラブラブなシーンが聴きたい!と言う部分では少ないんじゃ?とも思えるんですが、ラストの2人の決断シーンは切なくて良かったなーと思います。
一応BLなんで、鸞丸はどういう決断するのかなーと思ってたんですがやっぱり男気溢れる鸞丸の決断があれで安心しました。
舎弟たち捨ててアルの元に走っちゃったらそれじゃ鸞丸じゃないですからね。

そんな訳でラストの濡れ場も
「俺の事を絶対忘れないようにしてやるよ。〜略〜
アル、お前も俺のこの身体にお前を刻み付けてくれ。俺はずっとお前のモンなんだって。」
なんて熱烈な口説き文句と、序序にヒートアップしていくお二人の色っぽい喘ぎ&穏やかな音楽にうっとり。

諏訪部さんは前作程の妖しさ(笑)は無くなったけど色気と深みが倍増していて更なる美声っぷり!エロい台詞がエロエロしくて聴いてて困ります(笑)
いいもん聞かせて頂きました〜〜うふ。


「会いたくなったら来ればいいだろ。待っててやんないけど歓迎してやる」
なんて言いつつちゃんと待ってる鸞丸。
呑み屋で元気なさそうに飲んでる鸞丸が可愛いったらないよ(前の感想の時から可愛いしか言ってないな、自分…)

離れてても愛し合っている、なんてなんたるハーレクィンなのかしら(笑)
これがBLの醍醐味よね〜〜なんてニヤニヤ。

大きな事件が起こる訳じゃないけど、笑えてかつ切なくキュンキュンしたり、エロに悶えたり(笑)美声にうっとりしたりと愉しかった!



えーと、これ「3」ってあるんですか??
BLCD*Wiki見たら「3」ってあってかなり驚いたんですけど、あるとしたらストーリーはどうなるのか気になるなー
権藤が鸞丸に対する気持ちを自覚してどーのこーの、とか日本での鸞丸の危機にアルが助けに来て…とかそーなるのかしら(笑)





| yuki | BLCD-A(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】異国色恋浪漫譚
インディペンデントレーベル
¥ 2,050
(2003-04-25)
◆Story
豪華客船で結婚式を挙げた鸞丸は、酔ったはずみで船長・アルと夜を共にしてしまう。その後、イタリアの地で再会した2人は、大きなトラブルに巻き込まれてしまい!?華麗なる恋の幕が、今開く!!(本誌裏表紙あらすじより)

◆Cast
近江鸞丸:伊藤健太郎
アルベルト・ヴァレンティアノ:諏訪部順一
近江薫:川上とも子
権藤龍司:置鮎龍太郎



原作既読
感想はこちらから


オススメいただいて聴きました。

何はともあれ、原作通りなんだけど演出で雰囲気って変わるんだなーと目からウロコ。
私的に原作のイメージはエロコメディー★って感じだったんですけど、CDの方はコミカルな部分を残しつつ、エロよりもラブの部分を強調してるな〜〜と感じました。
だから聴く前はどんだけエロエロでドタバタしてるんだ?って思ってたけど、蓋を開けてみたら鸞丸とアルのすれ違いラブが意外な程切なくて驚いた(笑)

原作では私、そんなにこの部分は切ないなーとか思わないで割とスルーしちゃったから。
これはひとえに演出と役者さんたちの演技の効果だと思います。

特にやくざの若頭、鸞丸がどんどんアルにメロメロになって行くのが可愛くてね〜〜
前半部分が元気で男子男子してた分、恋に堕ちて戸惑う姿がメリハリが効いてて可愛いったらないよ!
ギャップ萌え、って言うのかしら。これって自分的萌の原点かもしれない(笑)
男っぽいんだけど、ラブなシーン(濡れ場以外含む)になると色っぽかったり可愛い、って最高に悶える(笑)

お話的には荒唐無稽だけど、原作を上手く活かしてて演出上手いなーと思った。
多分そのまんまやっちゃうとちょっとアイタタな進行になりそうだし。
音、で表現できる部分を活かしてて関心させられました(何様だ…)

さて、出演者の皆さんから「エロボイス」と称されていた諏訪部さん(笑)
ご自分で「イタリアの種馬」とかおっしゃってたけどソフト〜な口調と軽いトーンがやまねさんの描くアルっぽくて素敵です。
ただトーンが一緒と言うか、メリハリがなかったからその辺あればもっと素敵だったかな(贅沢)
ラストの方で、薬でフラフラになっている鸞丸に怒るシーンあるんですけど、あのシーンはもっと激しててもいいような気がする。やくざの鸞丸ですらビクッとするシーンだし、諏訪部さんの素敵ボイスで普段優男が怒ると恐い雰囲気が聴きたかったな〜〜
鸞丸だってそんなアルの意外な一面を見て、さらにメロったと思うんだ(笑)


何はともあれ、諏訪部さんとイトケンさん、お二人とも美声で耳に優しく色っぽかったです。濡れ場シーンのお二人の吐息使い(特にキスシーン。ラブを感じる!)がなんと色っぽい事か…(ため息)

なんか自分の中で原作はエロエロ!ってイメージがあったんですが(笑)イトケンさん演じる鸞丸くんは可憐に抑えるように喘いでて、普段のシーンが威勢がよくて元気がある分、その抑えた感じが恥じらってるようで凄く可愛らしい。

あ、完璧コメディー担当の置鮎さん。
情けなくてちょっと可哀想な役所なんですけど(笑)この情けなーい感じが非常に素敵でした。でも情けなくてもやっぱり美声だな〜〜と実感。


で、そんな感じでとても愉しく聴けました。


が、ラストのフリートークは聴いてない、というか聴けてません。
いやーーーーなんか川上さんのノリが自分にはダメで恐くてきけない…



インパクトに残った台詞

「おお、乱れた和服のなんと扇情的な…
 これぞ日本のワビサビ、なるほど少し切ない気持ちになります」(byアルベルト)

妙なテンションで言ってて笑えます


| yuki | BLCD-A(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |