楽園まであともう少し

BL(主にマンガ)レビューやらその周辺
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
メールフォーム
ご意見ご感想どうぞ
Mail Form
RECOMMEND
サウダージ 後編
サウダージ 後編 (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,鳥海浩輔,浜田賢二,遊佐浩二,平川大輔
個人的には後編が気に入ってます。鳥海さんの魅力炸裂、そしてハマケンもキャラの割には優しさが滲み出てていいです
RECOMMEND
ボーダー・ライン(1)
ボーダー・ライン(1) (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,三木眞一郎,鳥海浩輔,小杉十郎太,立木文彦,浅野真澄,志村知幸,斉藤次郎,羽多野渉,小林和矢,小室正幸
トラック10、必聴!
演出と演技者の技が冴えてます!
RECOMMEND
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション) (JUGEMレビュー »)
西田 東
萌えた!!!!!
バンブーの先生はやっぱ最高です。
どの受もかわい子ちゃんばかり!
RECOMMEND
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス)
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
西田 東
ジャックと新海の関係がデンジャラスで続刊が気になる
RECOMMEND
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
怒濤の最終巻!!ダークでスピィーディーなストーリー。
喫茶「デコイ」のマスターは藤達也のイメージっす
RECOMMEND
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
奈良絵最高!
男たちの因縁、生き様に眼が釘付け
RECOMMEND
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
岡田屋 鉄蔵
人を愛する事、愛される事っていいなぁとシンプルな感情に酔わされる
RECOMMEND
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
まさかBLで「愛の不在」を描かれるとは!!!!
人間のどーしょーもなさに嫌々ながら共感してしまう。
RECOMMEND
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫)
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫) (JUGEMレビュー »)
赤江 瀑
赤江氏の書く男たちはどうしてこんなにも獰猛でアンニュイで美しいんだろう。赤江好きは必読。
RECOMMEND
純愛エゴイスト2
純愛エゴイスト2 (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
好戦的な真っ黒お目目な野分と美人系ヒロさんのカバーイラストに心臓鷲掴み。
RECOMMEND
純愛エゴイスト
純愛エゴイスト (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
春菊氏のカバーイラストが美しすぎる
RECOMMEND
RECOMMEND
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
スペインとえすとえむが絡まったらそりゃ萌るって
RECOMMEND
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
よしなが作品でいちばん好きだ
RECOMMEND
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス) (JUGEMレビュー »)
遙々 アルク
ヤマシタさんの台詞使いも好きだが、アルクさんのモノローグも大好きだ
RECOMMEND
欲望の法則
欲望の法則 (JUGEMレビュー »)

暴走する愛欲と嫉妬!キッチュでクィアーな暴走特急の果てに涙が…
RECOMMEND
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection) (JUGEMレビュー »)
深井 結己
ドロリ、とした人間描写がたまらん
RECOMMEND
ポーの一族 (1)
ポーの一族 (1) (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
図書館にあって読んだけど名作です。コレを置いてくれた図書館に感謝!
RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
連続殺人鬼同士のデンジャーすぎる愛の姿。モデルはデニス・ニルセン(英)とジェフリー・ダーマー(米)
RECOMMEND
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション)
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション) (JUGEMレビュー »)
有間 しのぶ
青春の〜かほりわぁ〜♪そんな歌を唄いたくなる。台詞使いが上手い
RECOMMEND
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
白と黒の世界に惚れました
RECOMMEND
ベルベット・ゴールドマイン
ベルベット・ゴールドマイン (JUGEMレビュー »)
ユアン・マクレガー
己のセクシャリティーを受け入れたアーサー君に共感ビンビン!カート&アーサーのメイクラブは映画史上で一番素敵なベッドシーンだと思う
RECOMMEND
願い叶えたまえ  (3)
願い叶えたまえ (3) (JUGEMレビュー »)
西田 東
西田作品はどれもいい。愛する事の痛みと希望があります。
RECOMMEND
聞こえない声 HertZシリーズ
聞こえない声 HertZシリーズ (JUGEMレビュー »)
京山 あつき
きゅきゅ〜〜〜んッ!
青春の匂いがする!
RECOMMEND
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3))
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3)) (JUGEMレビュー »)
李丘 那岐
キケンな美形ヤクザ×男前板前。これに萌えずにどーする。この二人の続編希望!
RECOMMEND
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
30代の憂鬱に萌!
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
人は愛を食べて育つ /舞妓マリー
◆Story
街で声をかけられた男と寝る愛に飢えた少年、恋人のいる隣人に恋をする受験生、人を愛することに戸惑う絵画教室を営む42歳、一度だけ体を重ねた同僚への想いを引きずる大学教授……。恋と人生に悩む10代から40代までの男達を静かに熱く綴る新鋭ボーイズラブ。デビュー作を含む衝撃の初コミックス!(裏表紙より)



旅行から帰って来て参りました。
行きの電車が台風の被害で運行休止とってしまって名古屋から宿泊先までバスで6時間かけてやっと辿り着いたせいでクタクタな旅となってしまいました。
そんなこんなで、結局持参した本は読めなかったんですが(同行者がパンピーだったせいで;)本日ゆっくりと「純愛エゴイスト3」を読んでこっぱずかしいラブラブあま〜い世界に爆笑しつつ悶えとりました。やっぱ疲れてる時はこん位恥かしい程の甘々がいいですねー(笑)


しかし本日はこっちの感想を。



『春眠は今 土の香り』
『すぐそこにほら 君の香り』

28歳リーマン/42歳絵画教室の先生

見て下さい。
この年齢差!しかも40代が受ですよ!!!(落ち着け)
最近は多種多様化したBL界とはいえ、まだまだ年輩者受(42歳、って年輩者って部類にいれていいのかな???結構最近の40代の人って男でも女でも若々しい人多いし…)って見た事ないんで(私が思い付いただけでも、西田東とかbasso、えすとえすむくらいしから思い浮かばない)非常に貴重だーと思う。
私自身は別にオヤジ萌属性とかないんですが、何か粋も甘い経験した人間の人生が垣間見える、という部分に萌えを感じます。
だって人生長く生きてれば物事単純にも捉えられないし、色々とね、ありそうじゃないですか。そんな人が「恋」という浮き足たつような出来事にどんな反応を示すのか興味があるんです。

で、このお話の受である、吉岡さん。
物腰柔らかで優しそうで上品そうな顔だちな絵の先生です。
でも恋愛に対しては非常に曖昧で初心。
そんな吉岡さんが、28歳リーマンによって初めて恋の喜びに目覚めていくのが可愛らしくも微笑ましいタッチで描かれてます。
この方の漫画は所どころコメディタッチな部分もあったりして、そこがまたイイ感じです。
初々しくも可愛らしいおじさまが好きな方にはお勧めです。
はーこんな素敵なおじさま、いたら私もメロるわー


『人は愛を食べて育つ』
子どもってやっぱり愛してあげなきゃいかんのよねーと実感させられるお話。
18歳の男子高校生のお話。
父子家庭で、お父さんに構われてない子。
なんとなく学校行って友達としゃべったりしてて、将来のこともはっきり決まってないけど、無意識に孤独を感じてる。
幸せそうなカップルや家族連れなどを見て、「誰にも愛されない自分」を自覚する姿が寂しい。
行きづりの男性と性関係はあるものの、それも孤独を紛らわすため。
でも本当はその男性が主人公の事を優しく見守っていた、って部分に非常に救われました。その男性は自分の気持ちを押し付ける事をせず、少年が自分の存在を認めるまで優しく接してあげていたんです。
少年の隣に幼年期時代のもう一人の少年がいる描写があるんですが、それが「愛されなかった子ども」をよく現していて効いてます。ちょっと分かりづらいんですけど…
この人の漫画は全体的に人の書き分けが分かりづらいので、そこがスマートになればもっといいのにーなんて思ったり。

『ダイヤモンド』
バンドもの。
バンドのベースの子がゲイで年上の恋人持ち。
他のメンバーはヘテロで、そんなゲイの子と普通に接しています。
それに対してゲイの子は余計な気を回したり気を使ったりしてて、他メンバーはそんな事しなくていいのに、とか思ってる。
なんか友情と愛情が入り交じった非常にいいお話。
BLなパートは一つの背景であって、ストーリーとしていいお話で気に入ってます。
そして顔を出さすに中傷する人間に対しての反論はまさにそうそう、と私も頷く。

『ララルラルールー』
奇妙な三角関係。
オーソドックスなBLもの、なんですかね。
受が奔放なんです。
ちょっと小悪魔系、ですかね。センシティブ系な少女漫画でこーゆー女性キャラがいそうだな、と思った。エロ担当です(笑)

『それを何と言う』
42歳美大の教授/43歳美大の教授
『春眠は今 土の香り』『すぐそこにほら 君の香り』と微妙にリンクしてます。
吉岡先生の知り合いが42歳の攻の教授なんです。
このカプは過去に一度だけ酔った勢いで体をつなげますが、それ以降は何も関係がありません。ただ2人ともどこかにわだかまりがあってお互い忘れられずに思い合ってる?な感じが非常にいいです。
付かず離れずな曖昧な関係を続けているのですが、攻はやはり受が忘れられずに「俺のものになれよ」と言います。
対して受は「お前のものにならないからな」なんて言いつつキスなんてするんです!
ふぎゃ!!!
年を重ねてるだけあってそんなに急に素直になんてなれない、って所に悶えます。そりゃそーだよねーなんて思いつつもなんだかんだで2人はちょっと進展してる部分がいいです。


あ、カバー捲った漫画、面白いから是非見てください(笑)
| yuki | Comic*作者-M | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
窮鼠はチーズの夢を見る /水城せとな
◆Story
優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので…。くるおしいほどに切ない男と男のアダルト・ラブストーリー(本裏表紙より)



CDの感想はこちらから



CD聞いてから原作読むと、キャスト(遊佐さん&中村さん)がかなり合ってたなーとつくづく思いました。
まぁ贅沢言わせてもらえれば今ヶ瀬は神谷さんの方が声や雰囲気がぴったりなような気もするんですが、遊佐さんの高くてねっとり声と演技も良かったです。
中村さんはヘテロ男の女から見たら呆れる程の鈍感さとちらちらと見えかくれする幼稚な自己中心的性格が嫌味なく感じさせられてこれまた良かった。
30男にしては可愛らしすぎないかー?とも思ったんですが、原作見たら全く違和感なかったですし。

ただ原作も濃くて長い台詞が一杯あったので、「間」とか独特の水城ワールド(笑/ゴシック趣味とか熱帯魚が泳いでるような、アノ雰囲気ですよー。なんか全体的に水城ワールドには90年代テイストが感じられるんですがーこれは読者層を考えての事なのか、水城さん自身の資質なんですかね)があまり無いのは…まぁこれは仕方ないんですかね。


えーと、原作…
CDでも聞いたとは言え、やはり名台詞いっぱいだー
今ヶ瀬から発されるナイフの様に切れ味豊かな鋭い言葉に唸らされます。

『見た目が綺麗で人間ができていて自分にいい思いさせてくれるような、そんな完璧な人をみんな探していると思ってるんですか?
貴方はそういう相手しか好きになれないんですか?
いい歳して本当にの恋ってものを知らないんですね!』


自分のせいで今ヶ瀬を傷付けてるからもう離れようと言う恭一に
『欲しくないんですよ!正論なんか!!
理不尽でいい、衝動的でいいんです。フラフラ迷って流されたり血迷ったりすればいい
貴方は優柔不断で意気地がなくて狡くて、けど優しいし貴方なりの律儀な誠意があるし、お上品に取り澄ましているけど本当は体の奥底に欲望と情熱を隠し持っている。
それがチラチラ透けて見えるたび、俺はどうしょうもなく心を掻きむしられるんです
俺に下さい。それを俺に下さい!』


あー書いててつかれた(笑)
いや、しかし他にも胸につまされる台詞が沢山あります。

漫画の台詞なのに長い長い!!よしなが漫画も台詞沢山あるけどこの漫画も台詞が全体的に長い&多いなぁ。


「俺にください!」なんて切実に言いつのる今ヶ瀬に読者は気持ち持って行かれますよ。
元々女性誌掲載(レディコミ??)なので、こんな風に一途に言いつのられたいわ!って思いとかつてこんな風に(もしくは進行中)必死になって相手をつなぎ止めようとした事があったわねー(もしくはこんな風に一途に他人を愛するような恋愛をしたい)なんて読者の気持ちを色んな部分で刺激する台詞だと思います。

また今ヶ瀬が綺麗な容姿であるのもポイント高いと思う。
こんな美しい男がゲイでヘテロの恭一を容赦なく追い詰めて行く!と言う部分に腐女子でない女性読者も共鳴しやすいんじゃないかなーと思う。
んで、登場人物が本当に容赦無く本音でガチンコ勝負しているのも私には小気味よかった(笑)フランス映画に出てくる人たちみたいだ

そんなガチンコ勝負にのらりくらりと藻のように漂う恭一の行き着く先が気になります。

「俺はお前が恐い。」(恭一)
「俺も貴方が恐いですよ」(今ヶ瀬)

恐い、と思ってる時点ですでに恭一の中に今ヶ瀬の存在が大きくなってるのが分かる。
「普通」であることを望む平凡なヘテロの男。
その「普通」を打ち砕かんとする今ヶ瀬の存在。
そんな意味で、鏡の使い方は秀逸でした。
| yuki | Comic*作者-M | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Scarlet (バーズコミックス リンクスコレクション)
■Story
大学生のアキオは、美形な同級生・亮とつきあっていた。でも寂しがり屋で押しに弱い亮は、女性から誘われる度、断りきれずつきあってしまう。ある日アキオは、亮から結婚を考えている女性を紹介され、身を引く決心をするのだが――。心震える衝撃のラブストーリー登場!! (リンクスサイトより)


■傾向:大学生同士、リーマン、ヘタレワンコ攻、健気受



表紙の絵柄に惚れて購入。
結構個性的な絵かな、と思います。
表題作の他に2作入っておりますが、3作とも共通の傾向が結構あります。
まず攻はかなり美形、それも男っぽい系じゃなくてハーフ系の美形でモテる人たち。
一方の受は健気。浮気されようが攻の事好きだから仕方ないなと耐えてます。
私、BLで初めて攻の浮気に耐えてる受を見ました(笑)
ただ攻の浮気の理由もきちんと書いてあるから納得は一応できました(笑)
あとは基本的にかなり少女漫画(昔の??)路線です。
キラキラ美形の王子様攻が、普通の大学生やアキバ系根暗青年や地味なリーマン青年とそうなります(笑)特に「ワンナイトスタンド」はその傾向が強いです(営業部の花形リーマン×地味リーマン。唯一へたれでない攻)

私は少女漫画、好きなんで嫌いじゃないですが凄い何か感じた、という訳でもありません。ただやはり絵がとても好みなので眺めてるだけでも目の保養(笑)

「ワンナイトスタンド」の攻の甘甘っぷり、シンデレラストーリーっぷりもここまでてらいなくやられると新鮮で高感度大。

表題作は少女漫画テイストの中に異色な部分あり。
攻の子はほんと、どーしょーもないんだけど受の子と一緒になって許せてしまうものがあるんだよなぁ(笑)
だって○○されても愛しちゃうなんて・・・・なんて心が広いんだ!
あ、私はその○○後の攻が忠犬ハチ公よろしく受の子のバイトが終わるのを待ってるお話が良かったな。
受の子が攻の子の事を考えて改めて泣いちゃう所。
あんな事されてさらに攻を思い遣るなんて、、、、まじでなんていい子なんだ・・・・



amazonで画像が出てこないので・・・・・
| yuki | Comic*作者-M | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |