楽園まであともう少し

BL(主にマンガ)レビューやらその周辺
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
メールフォーム
ご意見ご感想どうぞ
Mail Form
RECOMMEND
サウダージ 後編
サウダージ 後編 (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,鳥海浩輔,浜田賢二,遊佐浩二,平川大輔
個人的には後編が気に入ってます。鳥海さんの魅力炸裂、そしてハマケンもキャラの割には優しさが滲み出てていいです
RECOMMEND
ボーダー・ライン(1)
ボーダー・ライン(1) (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,三木眞一郎,鳥海浩輔,小杉十郎太,立木文彦,浅野真澄,志村知幸,斉藤次郎,羽多野渉,小林和矢,小室正幸
トラック10、必聴!
演出と演技者の技が冴えてます!
RECOMMEND
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション) (JUGEMレビュー »)
西田 東
萌えた!!!!!
バンブーの先生はやっぱ最高です。
どの受もかわい子ちゃんばかり!
RECOMMEND
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス)
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
西田 東
ジャックと新海の関係がデンジャラスで続刊が気になる
RECOMMEND
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
怒濤の最終巻!!ダークでスピィーディーなストーリー。
喫茶「デコイ」のマスターは藤達也のイメージっす
RECOMMEND
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
奈良絵最高!
男たちの因縁、生き様に眼が釘付け
RECOMMEND
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
岡田屋 鉄蔵
人を愛する事、愛される事っていいなぁとシンプルな感情に酔わされる
RECOMMEND
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
まさかBLで「愛の不在」を描かれるとは!!!!
人間のどーしょーもなさに嫌々ながら共感してしまう。
RECOMMEND
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫)
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫) (JUGEMレビュー »)
赤江 瀑
赤江氏の書く男たちはどうしてこんなにも獰猛でアンニュイで美しいんだろう。赤江好きは必読。
RECOMMEND
純愛エゴイスト2
純愛エゴイスト2 (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
好戦的な真っ黒お目目な野分と美人系ヒロさんのカバーイラストに心臓鷲掴み。
RECOMMEND
純愛エゴイスト
純愛エゴイスト (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
春菊氏のカバーイラストが美しすぎる
RECOMMEND
RECOMMEND
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
スペインとえすとえむが絡まったらそりゃ萌るって
RECOMMEND
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
よしなが作品でいちばん好きだ
RECOMMEND
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス) (JUGEMレビュー »)
遙々 アルク
ヤマシタさんの台詞使いも好きだが、アルクさんのモノローグも大好きだ
RECOMMEND
欲望の法則
欲望の法則 (JUGEMレビュー »)

暴走する愛欲と嫉妬!キッチュでクィアーな暴走特急の果てに涙が…
RECOMMEND
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection) (JUGEMレビュー »)
深井 結己
ドロリ、とした人間描写がたまらん
RECOMMEND
ポーの一族 (1)
ポーの一族 (1) (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
図書館にあって読んだけど名作です。コレを置いてくれた図書館に感謝!
RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
連続殺人鬼同士のデンジャーすぎる愛の姿。モデルはデニス・ニルセン(英)とジェフリー・ダーマー(米)
RECOMMEND
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション)
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション) (JUGEMレビュー »)
有間 しのぶ
青春の〜かほりわぁ〜♪そんな歌を唄いたくなる。台詞使いが上手い
RECOMMEND
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
白と黒の世界に惚れました
RECOMMEND
ベルベット・ゴールドマイン
ベルベット・ゴールドマイン (JUGEMレビュー »)
ユアン・マクレガー
己のセクシャリティーを受け入れたアーサー君に共感ビンビン!カート&アーサーのメイクラブは映画史上で一番素敵なベッドシーンだと思う
RECOMMEND
願い叶えたまえ  (3)
願い叶えたまえ (3) (JUGEMレビュー »)
西田 東
西田作品はどれもいい。愛する事の痛みと希望があります。
RECOMMEND
聞こえない声 HertZシリーズ
聞こえない声 HertZシリーズ (JUGEMレビュー »)
京山 あつき
きゅきゅ〜〜〜んッ!
青春の匂いがする!
RECOMMEND
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3))
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3)) (JUGEMレビュー »)
李丘 那岐
キケンな美形ヤクザ×男前板前。これに萌えずにどーする。この二人の続編希望!
RECOMMEND
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
30代の憂鬱に萌!
PROFILE
SEARCH
<< 【BLCD】「SASRA 4 Disc1 大正編」 | main | 【BLCD】別れる二人の愛の劇場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
【BLCD】真夜中に降る光
 ■Story 
歌舞伎町。雪の舞う寒い冬の朝。傷つき路上で倒れていた新二を、たったひとりだけ助けてくれた男がいた。 
津久井康文――長身でスレンダーな体躯。まるで大型の草食動物のように穏やかに微笑む、いかにも人の良さそうな、バカ正直な男。運の悪いやつ――。新二は、自分を助け介抱してくれた男を、これまでもそうしてきたように、騙し、強請り、脅すつもりだった。だが……。 
「君はやっぱり優しいひとですね」。 
弱者を利用することに、罪悪感の欠片も持たずに生きてきた新二を、男は激しく動揺させた。そして調子は狂いはじめ……。ついには金のためだと繋がりを持ってしまう新二。どうしてこんな男に出会ってしまったのか。果たして運の悪いのは、どっちなのか―――!? 

■Voice Cast 
吉野裕行/小杉十郎太/矢尾一樹 

原作:砂原糖子 
イラスト:金ひかる 

小杉×吉野 
 よっちんの真剣な演技、とても良かったです。 
母親の見舞いで病院で会話してるシーンは、なんだか涙が出来てきました。 
まぁ私は家族関係のお話にはかなり弱いんですけどー 
でも親の暴力とネグレット故に歪み、虚勢を張ってやけっぱちに生きる新二を演じたよっちんのやさぐれ演技、演技と思えない程ナチュラルでした。 
「傷だらけの愛羅部勇」でのアホヤンキー演技も最高でしたけど、こっちのシリアスチンピラホスト演技もまたいい。 

よっちんの演技に対する真面目さにますます惚れてしまいます。 
演技が上手い、と言う技巧的な部分よりも感性で演技されてるようなイメージを受けました。 


お話はシリアスで、とにかくよっちん演じる新二のキャラは全身ピアスだらけのチンピラじみた歌舞伎町のホストで性格が滅茶悪い。 
いや、悪いと言うかワル(笑) 
路上で倒れていたよっちんを助けてくれた今回は濃くない(笑)十郎太がゲイだと知って脅迫したり、身体を重ねた後にお金を請求したり(まぁこれはよっちん的に「理由」が欲しかったのであってワルと言うより、「虚勢」って感じで痛々しい感じなんだけど)、ツケの溜まった女性客の顔に、タバコの火を近づけて「顔焼かれたくなかったら、ウリでもなんでもしてこい!」みたいな事言ってヤクザまがいの恫喝したりと、BLの受にしては規格外のチンピラっぷり(笑) 
まぁすぐに好きになれるキャラではないんですが・・・それでも心理描写の積み重ねとよっちんの演技で奇妙に惹かれるキャラではありました。 


原作は小説なので、多分エピソードとかだいぶ削ったと思います。 
特に十郎太のキャラも過去に傷を持ってる人なんですが、その辺があっさり描かれていたのがちょっと不思議でした。 
伏線なのかなぁ?と思ったので・・・・ 
なのでちょっと駆け足気味にも感じましたが、それでも突っ張っていつ死んだってかまわない的な物の考えか方をしていたよっちんが、十郎太の優しさに触れ次第に溶かされてつつも反発する、それでも溶かされていく部分は聴き応えがありました。 

そうなんですよ!気持ちが溶かされつつもこんなのは俺じゃない、と反発して悪態ついてしまうよっちんにやきもきさせられました(笑) 

自分の事なんてどうでもいい、やけっぱちだから、他人に対して残酷で冷淡な態度しか取れない。 
だからみんなが敬遠するヤクザの女の客の相手を進んでやって、その男(ヤクザ)に絡まれたりしても平気で真っ向からぶつかって行く。 
それって一見カッコよく見える事かもしれないけど、命知らずと言うよりもいつ死んだって構わない、いっそここで死にたい、って風にも見える。脚本とよっちんの演技から私はそう感じた。 

で、そんなよっちんを奪うように、ヤクザ者からかっさらっていく十郎太。 
かっこいいなー(笑) 
で、その時の「え?」って驚いた小さな声を上げるよっちんに萌えた(笑) 
萌えたっつーか・・・今まで誰にも構われた事のない子供が驚いた声みたいで、チンピラキャラなのにいたいけな痛々しさを含んでいて、その小さな「え?」に胸がグッときちゃったのよ。 

で、ラストの方で今まで父親に暴力をふるわれても、怯えてかばってくれなかった母親の見舞いに行って帰るシーン。 
例のヤクザにまた絡まれて、刺されたりとするんだけどその時に「身体が動かない。 まさか怖いのか?この俺が?」とモノローグが入るんだけど・・・・ 
今までのいつ死んでもいいとやけっぱちで生きてきたよっちんが、十郎太という愛する存在に気づき始めたせいで「恐怖」を感じる部分が自分的にまたいいなーと思う部分でした。 


と言う訳で、萌揺れるハートって感じのお話では全然ないんですが、意外とリピ率は高いです。 
多分、原作もとても素敵なお話だと思うのでそちらも購入したいです。 

あ、こんなに普通な演技をする(でも普通の人から見たらやっぱり濃い)十郎太を聴いたのは初めてで、普通の演技もできるんだ!とビックリしました(笑) 
| yuki | BLCD-M(Title) | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |