楽園まであともう少し

BL(主にマンガ)レビューやらその周辺
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
メールフォーム
ご意見ご感想どうぞ
Mail Form
RECOMMEND
サウダージ 後編
サウダージ 後編 (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,鳥海浩輔,浜田賢二,遊佐浩二,平川大輔
個人的には後編が気に入ってます。鳥海さんの魅力炸裂、そしてハマケンもキャラの割には優しさが滲み出てていいです
RECOMMEND
ボーダー・ライン(1)
ボーダー・ライン(1) (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,三木眞一郎,鳥海浩輔,小杉十郎太,立木文彦,浅野真澄,志村知幸,斉藤次郎,羽多野渉,小林和矢,小室正幸
トラック10、必聴!
演出と演技者の技が冴えてます!
RECOMMEND
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション) (JUGEMレビュー »)
西田 東
萌えた!!!!!
バンブーの先生はやっぱ最高です。
どの受もかわい子ちゃんばかり!
RECOMMEND
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス)
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
西田 東
ジャックと新海の関係がデンジャラスで続刊が気になる
RECOMMEND
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
怒濤の最終巻!!ダークでスピィーディーなストーリー。
喫茶「デコイ」のマスターは藤達也のイメージっす
RECOMMEND
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
奈良絵最高!
男たちの因縁、生き様に眼が釘付け
RECOMMEND
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
岡田屋 鉄蔵
人を愛する事、愛される事っていいなぁとシンプルな感情に酔わされる
RECOMMEND
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
まさかBLで「愛の不在」を描かれるとは!!!!
人間のどーしょーもなさに嫌々ながら共感してしまう。
RECOMMEND
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫)
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫) (JUGEMレビュー »)
赤江 瀑
赤江氏の書く男たちはどうしてこんなにも獰猛でアンニュイで美しいんだろう。赤江好きは必読。
RECOMMEND
純愛エゴイスト2
純愛エゴイスト2 (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
好戦的な真っ黒お目目な野分と美人系ヒロさんのカバーイラストに心臓鷲掴み。
RECOMMEND
純愛エゴイスト
純愛エゴイスト (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
春菊氏のカバーイラストが美しすぎる
RECOMMEND
RECOMMEND
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
スペインとえすとえむが絡まったらそりゃ萌るって
RECOMMEND
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
よしなが作品でいちばん好きだ
RECOMMEND
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス) (JUGEMレビュー »)
遙々 アルク
ヤマシタさんの台詞使いも好きだが、アルクさんのモノローグも大好きだ
RECOMMEND
欲望の法則
欲望の法則 (JUGEMレビュー »)

暴走する愛欲と嫉妬!キッチュでクィアーな暴走特急の果てに涙が…
RECOMMEND
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection) (JUGEMレビュー »)
深井 結己
ドロリ、とした人間描写がたまらん
RECOMMEND
ポーの一族 (1)
ポーの一族 (1) (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
図書館にあって読んだけど名作です。コレを置いてくれた図書館に感謝!
RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
連続殺人鬼同士のデンジャーすぎる愛の姿。モデルはデニス・ニルセン(英)とジェフリー・ダーマー(米)
RECOMMEND
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション)
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション) (JUGEMレビュー »)
有間 しのぶ
青春の〜かほりわぁ〜♪そんな歌を唄いたくなる。台詞使いが上手い
RECOMMEND
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
白と黒の世界に惚れました
RECOMMEND
ベルベット・ゴールドマイン
ベルベット・ゴールドマイン (JUGEMレビュー »)
ユアン・マクレガー
己のセクシャリティーを受け入れたアーサー君に共感ビンビン!カート&アーサーのメイクラブは映画史上で一番素敵なベッドシーンだと思う
RECOMMEND
願い叶えたまえ  (3)
願い叶えたまえ (3) (JUGEMレビュー »)
西田 東
西田作品はどれもいい。愛する事の痛みと希望があります。
RECOMMEND
聞こえない声 HertZシリーズ
聞こえない声 HertZシリーズ (JUGEMレビュー »)
京山 あつき
きゅきゅ〜〜〜んッ!
青春の匂いがする!
RECOMMEND
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3))
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3)) (JUGEMレビュー »)
李丘 那岐
キケンな美形ヤクザ×男前板前。これに萌えずにどーする。この二人の続編希望!
RECOMMEND
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
30代の憂鬱に萌!
PROFILE
SEARCH
<< 【BLCD】「愛してる」 | main | 【BLCD】この愛を喰らえ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
【BLCD】ドクター×ボクサー ボクサーは犬になる
◆Story
高校を中退し故郷を捨てた18才の橋口徹の、ボクシングこそすべての生活が、ある日突然激変して…黒光りするドーベルマン2頭を連れた外科医・加藤との出逢いが家族愛すら知らなかった徹に、監禁と呪縛の愛の檻の中で生きることを求めるとは…誰も先生みたいに構ってくれなかった!!シリーズ第1弾。 (amazonより)

原作: 剛しいら イラスト:石原理

◆Cast
堀内賢雄(加藤)/伊藤健太郎(橋口徹)/ 塩沢兼人 (カイン)/ 石川英郎 (アベル)





このCD、1999年にリリースされてます。
約10年前かぁ。
原作も古いからなぁ…
でも音楽の使い方とか脚本とか丁寧に作られてて落ち着いてきけます。


原作のシリーズは好きで4冊位読みました。

えーと、ストーリー紹介を見ても分かる通り、徹と加藤先生の出会いは拉致監禁(しかも未成年)と言う立派な犯罪です。
この加藤って先生が腕のいい、医者としても素晴らしい人なんだけど(しかも美形)恋愛に関しては、未成年の徹に一目惚れした挙げ句、飼い犬使って拉致監禁ですよ。
しかもめでたく徹と恋人になっても独占欲と嫉妬欲が無茶強くても〜〜っと呆れます(笑)
そんな恋愛に関してはかなり不器用過ぎる人なんですが、何故か嫌悪感は抱かないんですよね(呆れはするけど)
それって結局このお話がドストレートな「June」だからなんだと思う。(原作は「June」に連載されていたらしい)

私が考える「June」とは、誰にも必要とされない、孤独な2人が出会ってしまって当然のように嫌悪感であれ好意であれ惹かれ合う、っていうのが「June」だと思ってるから。

その見放され感が上手く描かれて、拉致監禁と言う犯罪行為から始まった愛に説得力があるのだと思います。

で、CDの方は真面目に作られてて(BLって言うよりなんか普通のドラマCDっぽいノリを感じる。まぁ濡れ場はしっかり入ってるけどこの濡れ場も丁寧で真面目に作られてるなぁと思う)聞いててしんみりとしてしまう。
音楽もとても雰囲気のいいのばかりだし、堀内さんと伊藤さんの演技も声も落ち着いて聞けます。お二人ともタイプの違う美声だなぁとしみじみ。
優し気な声色の中に純粋過ぎるが故の狂気を滲ませた堀内さん、天使の様に心も身体も綺麗な徹役の伊藤さん、少年と青年の間にある絶妙な声色がいいです。


あ、でも原作ではボクシングの試合が終わってそれでも結局自分は孤独だと気付いて、自分を狂ったように求める加藤の元へ走る徹の描写があったからかなり説得力があるのだと思う。
CDではその徹の孤独感描写が薄く感じたから「拉致監禁なんて犯罪じゃん」と思う人もいるかもしれない。それが残念かなぁ。
もっと世界に見放されたふたり、みたいな描写が欲しかったかな。


最初のプロローグにあのシーンを入れたのは素晴らしいと思う。
うまい!と思わず唸る(何様…)
で、カインとアベルの足音とか吐く息の音が入るとまた臨場感があるなぁ



ラストトラックのカインとアベルのミニドラマに爆笑。
声優さんのトークよりも、こーゆー書き下ろしドラマみたいなのの方が私は嬉しいなぁ


| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









url: http://rakuenmade.jugem.jp/trackback/66