楽園まであともう少し

BL(主にマンガ)レビューやらその周辺
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
メールフォーム
ご意見ご感想どうぞ
Mail Form
RECOMMEND
サウダージ 後編
サウダージ 後編 (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,鳥海浩輔,浜田賢二,遊佐浩二,平川大輔
個人的には後編が気に入ってます。鳥海さんの魅力炸裂、そしてハマケンもキャラの割には優しさが滲み出てていいです
RECOMMEND
ボーダー・ライン(1)
ボーダー・ライン(1) (JUGEMレビュー »)
イメージ・アルバム,三木眞一郎,鳥海浩輔,小杉十郎太,立木文彦,浅野真澄,志村知幸,斉藤次郎,羽多野渉,小林和矢,小室正幸
トラック10、必聴!
演出と演技者の技が冴えてます!
RECOMMEND
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
ドント・クライ・マイ・ベイビー (バンブー・コミックス 麗人セレクション) (JUGEMレビュー »)
西田 東
萌えた!!!!!
バンブーの先生はやっぱ最高です。
どの受もかわい子ちゃんばかり!
RECOMMEND
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス)
LIFE、LOVE 1 (1) (花音コミックス) (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
西田 東
ジャックと新海の関係がデンジャラスで続刊が気になる
RECOMMEND
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
怒濤の最終巻!!ダークでスピィーディーなストーリー。
喫茶「デコイ」のマスターは藤達也のイメージっす
RECOMMEND
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ) (JUGEMレビュー »)
英田 サキ
奈良絵最高!
男たちの因縁、生き様に眼が釘付け
RECOMMEND
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
岡田屋 鉄蔵
人を愛する事、愛される事っていいなぁとシンプルな感情に酔わされる
RECOMMEND
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
まさかBLで「愛の不在」を描かれるとは!!!!
人間のどーしょーもなさに嫌々ながら共感してしまう。
RECOMMEND
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫)
ニジンスキーの手 (ハルキ文庫) (JUGEMレビュー »)
赤江 瀑
赤江氏の書く男たちはどうしてこんなにも獰猛でアンニュイで美しいんだろう。赤江好きは必読。
RECOMMEND
純愛エゴイスト2
純愛エゴイスト2 (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
好戦的な真っ黒お目目な野分と美人系ヒロさんのカバーイラストに心臓鷲掴み。
RECOMMEND
純愛エゴイスト
純愛エゴイスト (JUGEMレビュー »)
藤崎 都,中村 春菊
春菊氏のカバーイラストが美しすぎる
RECOMMEND
RECOMMEND
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS)
愚か者は赤を嫌う [メロメロコミックス] (mellow mellow COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
スペインとえすとえむが絡まったらそりゃ萌るって
RECOMMEND
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO)
西洋骨董洋菓子店(全3巻) (WINGS COMICS BUNKO) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
よしなが作品でいちばん好きだ
RECOMMEND
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
ビター×スイート (ビーボーイコミックス) (JUGEMレビュー »)
遙々 アルク
ヤマシタさんの台詞使いも好きだが、アルクさんのモノローグも大好きだ
RECOMMEND
欲望の法則
欲望の法則 (JUGEMレビュー »)

暴走する愛欲と嫉妬!キッチュでクィアーな暴走特急の果てに涙が…
RECOMMEND
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
砂の下の水脈 (バンブー・コミックス REIJIN Selection) (JUGEMレビュー »)
深井 結己
ドロリ、とした人間描写がたまらん
RECOMMEND
ポーの一族 (1)
ポーの一族 (1) (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
図書館にあって読んだけど名作です。コレを置いてくれた図書館に感謝!
RECOMMEND
絢爛たる屍 (文春文庫)
絢爛たる屍 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ポピー・Z. ブライト
連続殺人鬼同士のデンジャーすぎる愛の姿。モデルはデニス・ニルセン(英)とジェフリー・ダーマー(米)
RECOMMEND
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション)
灼熱アバンチュール 1 (1) (ルチルコレクション) (JUGEMレビュー »)
有間 しのぶ
青春の〜かほりわぁ〜♪そんな歌を唄いたくなる。台詞使いが上手い
RECOMMEND
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS)
ショーが跳ねたら逢いましょう (MARBLE COMICS) (JUGEMレビュー »)
えすとえむ
白と黒の世界に惚れました
RECOMMEND
ベルベット・ゴールドマイン
ベルベット・ゴールドマイン (JUGEMレビュー »)
ユアン・マクレガー
己のセクシャリティーを受け入れたアーサー君に共感ビンビン!カート&アーサーのメイクラブは映画史上で一番素敵なベッドシーンだと思う
RECOMMEND
願い叶えたまえ  (3)
願い叶えたまえ (3) (JUGEMレビュー »)
西田 東
西田作品はどれもいい。愛する事の痛みと希望があります。
RECOMMEND
聞こえない声 HertZシリーズ
聞こえない声 HertZシリーズ (JUGEMレビュー »)
京山 あつき
きゅきゅ〜〜〜んッ!
青春の匂いがする!
RECOMMEND
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3))
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫 (り1-3)) (JUGEMレビュー »)
李丘 那岐
キケンな美形ヤクザ×男前板前。これに萌えずにどーする。この二人の続編希望!
RECOMMEND
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
30代の憂鬱に萌!
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
【BLCD】紅色天井艶妖綺譚ドラマCD紅色天井艶妖綺譚〜音御伽噺 刀〜
こちらは前回「艶妖」編では妖(あやかし)である雷王、狐白がお相手だったのですが、完全人間組の桜螺と今日丞がお相手。
ちなみに藍丸は半分妖(あやかし)、半分人間のハーフ(?)なので不老不死らしい。なので人間組とは生きる長さが違うのでそのあたりの人間組のジレンマが伺い知れる内容となってます(って言っても半分以上は濡れ場なんですけどー)

トラック01 桜螺編 「夜半の鐘」
大晦日。藍丸と桜螺が町を歩いていると、以前江戸から追い払った
ならず者達に襲われる。藍丸をかばった桜螺が斬られてしまい……。

トラック02 今日丞編 「秘め雪」
年末。今日丞の屋敷に居候をしている藍丸は、やはり妖の自分達が頻繁に
屋敷に出入りしていることが迷惑になっているのではないかと問いかける。それに対して今日丞は……。(公式サイトより)


藍丸:上河創 
桜螺:丈隆志
今日丞:北野大地

■桜螺/夜半の鐘
この2人の関係性は対等な相棒関係って感じですね。
でも閨の中では大人の男、桜螺のエロオヤジっぷりにおぼこい藍丸は翻弄されまくりのやられっぱなし(笑)
桜螺は真面目で無骨、でも面倒見の良さもある人です。それがゲームやってなくても伝わって来ます。
声は渋くて低い大人の男って感じ。
3枚のCDの中で個人的に一番互いのラブ度とエロの濃さが濃ゆかった…
攻なのにめちゃくちゃ喘いでたし、無骨な風来坊に見せ掛けてハードな言葉攻めの実況中継してたから(笑)
どなたか存じませんが、頑張ってます!(笑)

プレイのバリエーションとしては69、騎乗位とこれまた濃い!
桜螺が藍丸をかばって怪我をしたと言う事で、おぼこい不馴れな藍丸が頑張らされててそこが聴いてて楽しい(笑)
もうこれは桜螺と一緒になって、エロオヤジのように藍丸のおぼこい頑張りっぷりを楽しませて貰いました。
藍丸役の上河さんも私、全く存じないんですけど初BLでこんだけ濃いぃのやって凄いなーとただ感心。個人的好みはあるにせよ、私にはちゃんと色っぽい!とニヤニヤ喜ばせもらったし(笑)

濡れ場以外の演技も私、かなり好きです。
コミカルでカラッとした演技が非常に可愛いです。それでいてちゃんと男の子っぽいし。

■今日丞/秘め雪
今日丞ってキャラは正統派美形で旗本の三男坊(つまりいい家柄のおぼっちゃま)文武両道に優れたもう非の打ちどころのない攻キャラです。
ビジュアルも受をやってもいいようなインテリ美形っぷり(でも武術の先生でもあるんだよねー)しかも声もインテリ美人声。
しかしこのCDを聴く限り、ある意味危険人物(笑)
サラリ、と藍丸のストーカーをしていた事を告白→いきなり発情→美人声で延々エロく実況中継→ねちっこく責め立てる、などちょっとあぶない男です(笑)
桜螺もねちっこかったけど、今日丞の方が声が美人声なだけに危ない感じがビシバシと感じます(笑)

プレイ内容は特に特殊プレイはしてないんですけど、あえて言うならソフト強制射精?(笑)聴いてるこっちが「まだイカせる気ですか!?藍丸もう無理だろ!」と心配になる程、快楽攻め(笑)しかもソフトに執着気味に責め立てるのが怖い!
言葉攻めも桜螺がエロオヤジっぽく責めるなら、今日丞は静かにでも根っこに狂気を滲ませた感じで怖い…でもそこがツボる(笑)
お前は官能小説家か?と思わせる語彙力も言葉攻めに一役買ってた!(笑)

藍丸も同じ直情型タイプの桜螺に翻弄されているのと、危険な男気味な今日丞に翻弄されてるのとじゃ、喘ぎ仕様もちょっと違います(笑)
桜螺には翻弄されつつ同じ高みに昇り詰めていく共有感があるけど、今日丞にはただ執着気味な快楽に流されて翻弄されていくようなもどかしさがあって、そんな差異を感じられるのも総受ならではの愉しみだなーと新たな扉を開けちまったようです(笑)
| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】紅色天井艶妖綺譚ドラマCD紅色天井艶妖綺譚〜音御伽噺 艶妖〜
エロい。

ただエロかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜うふん。
としか言えない(笑)

世界観も好きだし、何より受の藍丸が嫌味がない素敵エロカワ男子なのでウハウハしながら聴けた。

1話につき30分程度の話だけど、なんと濡れ場がその半分位、つまり15分程は締めているのには度胆を抜かされた。

ここまで潔く役者がエロさを追求してくれると色々と楽しい。
受役が頑張って喘ぐのは勿論だけど、特筆すべきは攻役もそーとー喘いだり呻いたり、激しい言葉攻めしたりとかなり頑張っていた、ってトコですかね。
(中には喘ぎすぎてゼイゼイ言ってる人もいて、心配になった。刀編の桜螺ですが/笑)
この辺り、自分も萌ゲージがぶち切れそうになった。
素敵なエロをありがとう、とどこの方角かわからぬ方向へ向かっておじぎをしたくなる。

受は主人公の藍丸ただ一人で、つまり6人(正確には7人。3Pもあるから)相手にめちゃめちゃ頑張ってくれてるんですが、プレイに色んなパターンがありつつ藍丸の性格にブレがないから(男前かつやんちゃ可愛い性格)ゲーム未プレイでもなんとなく各キャラの性格や関係性が伺い知れる。
なので、濡れ場もその攻キャラの性格を反映した状況とプレイになると言う訳。

と言う訳でプレイ内容とお相手(笑)





「艶妖」
内容
トラック01 雷王編「雪花(せっか)眠る」
年末。雷王と藍丸が母親の墓を探しに北の地へ旅立つ。
そこで雨に降られ空き家へと避難するが、ふと雷王の刺青の話になり……。

トラック02 弧白編「幽径、独り行きて迷う」
休日に街へ出かける二人。藍丸はどうしても弧白が居なくなってしまう
のではと不安でならない。大丈夫だと言い聞かせるも、人波に弧白を見失って……。
(公式サイトより)

藍丸:上河創 
雷王:犬野忠輔
弧白:ルネッサンス山田



■雷王/雪花眠る
藍丸の保護者その1。
妖(あやかし)だけど妖らしからぬ常識人(?)でオカン気質で世話焼き。
エロくない状況で、服の着脱までやるってどこまで過保護なんだ!
声は最近自分の中で人気うなぎのぼり(笑)な犬野さん。
個人的に彼の声には、鬼畜攻めよりもこういう系統の攻タイプの方が私は好きだな(「砂楼の花嫁」のアラブ王子とか)
基本的に藍丸は元気で健康的な男子なので、他の人相手でもおぼこい魅力を炸裂させてる訳ですが、雷王に対してだけは誘い受で、ここが聴きどころかと(笑)
2人の関係は保護者、非保護者の関係から脱して伴侶となった訳だけど、やっぱり急に関係が変わるのは難しいので、そんな2人の戸惑いやら初々しいやりとりがいい。
雷王は理性の妖(あやかし)なので濡れ場でも口調も穏やかなんですが、そんな男が素直にエロく求める藍丸に煽られて「どうしてほしい」と徐々にヒートアップしていく様が萌えた!(ちょっと乱暴な興奮した感じなのさ、ふふ)
そんな理性の男、雷王を煽っちゃう藍丸も「二回でも三回でも、お前の熱くて濃いもの俺の中にぶちまけやがれ!」なんて凄い台詞で煽りまくり!(ひぇ〜〜〜〜〜〜この台詞,凄すぎるわ)
こりゃ理性の箍も外れますって。

そんな感じで濡れ場もいいですが、また終わった後のやりとりが2人とも可愛いったらない。
濡れ場ではエロ可愛かった藍丸もやんちゃな男子に。
くしゃみの仕方が猫っぽくて可愛い!
そんな藍丸に振り回される保護者な雷王もちょっと情けない感じで良い感じ。


■狐白/幽径、独り行きて迷う
藍丸の保護者その2。
でも雷王とは正反対の、理性は全く無い残虐で妖(あやかし)らしい妖(あやかし)。ルネッサンスさんの妖しい美人声がかなりキャラにマッチしてます。

お話はゲーム終了後なのでなんと現世の原宿になってます。
300年の別離の後、やっと巡り会う事のできた2人。でも藍丸はそれが信じられなくてまた別れがくるのではと怯えてます。
狐白も雷王同様、藍丸に対してはそーとーの甘やかしっぷり。
しかしエロい部分だけは違います(笑)
プレイバリエーションとしてはアオカン、ビルの隙間だそうです。
さすが妖(あやかし)。
理性も遠慮もなく、恥かしがって泣いている藍丸を見て喜んじゃってます(笑)

雷王に対しては誘い受っぽかった藍丸も、狐白相手にはただひたすら翻弄されて手の上で転がされまくり。
ルネッサンスさんの美人声がだんだん興奮して、男臭くなる喘ぎも自分的に萌ポイント高かったッス(笑)
| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】Punch↑
◆Stpry
エリート建築家×型枠大工のガチンコラブバトル!
エリート建築家の牧はビルの建設現場でケンカを止めようとして、型枠工の大木浩太に顔を殴られてしまう。子供な浩太は、完全に牧の圏外な上、お互い第一印象は最悪! しかし、牧の飼っていた猫をきっかけに、浩太が牧の部屋に居候することになり――。
大人気作品『P.B.B.』サイドストーリーがドラマCDで登場!
もちろん忍と純佑も登場します! ジャケットイラストは鹿乃しうこ描き下ろし。(マリンエンタティメントHPから転載)

◆Voice Cast
牧 志青/子安武人
大木浩太/中村悠一
菱谷 忍/遊佐浩二
安芸純佑/森川智之
御園生涼司/笹沼 晃
和久井/高橋広樹
コージ/野島裕史



原作未読


かるーくサクッとお気軽に聞けて、かつ笑えてキュンとくるCDです(笑)
原作読んでないので、場面場面の切り替えが分かりづらい部分もあるんですけど、テンポの良さとバラエティーに富む声優方の演技で楽しく聞けました。

1回目聴いた時はピンとこなかったんですけど、何度も聴けば聴く程馴染んできて楽しめました(私はね)


まず自分的にココは!と言う胸キュン部分は、浩太がクラブダンディー(忍が以前いたホストクラブ)ににゃん太の生んだ子猫を連れて行って、その後牧と一緒に帰るシーン。

牧が浩太に「ラブホテル寄ってく?」と言い、過去の恋愛経験から甘え下手な浩太は「にゃん太がいるのに寄れない」とか言っちゃってモノローグで「誘ってくれたのに、行けば良かったかな……なんだかすっごい切ない、あんたも同じ気持ち?」みたいな事を呟いてるシーン。
も〜〜〜この辺から自分の胸キュン度数がガーーーッと上がった上がった!!!(笑)


こっから浩太の切ねーモノローグやら言動がね、、、愛おしいのは中村さんの言い方が非常に可愛いから、なんですけど(笑)

普通に聴いてるとなんで浩太が勝手に牧に飽きられてるとか、自分本意の思い込みしてるのかちょっと分かりづらいんですけど中村さんの切ないかわいい演技で帳消しです!(我ながら甘過ぎる)
これ、普通に可愛い系の声の方やってたら「ウザッ!」とか「女々しいな」とか思っちゃいそうなんですけど、中村さんのちょっと低めの、でもほんの少し糖度を含んだ声でウザく聞こえない所か健気に聞こえるんですよね。

それは浩太が経験した過去を伺わせるもの(牧に向かって「(あんたみたいなイケメンできちんとした職業についた人間は)無視されたりしたことねーんだろ」とか言う台詞や諦観を感じさせるような言い方とか)中村さんの演技から伝わってくるからだと思うんですけど。
素直じゃないし、男運悪すぎるけど(笑)一生懸命生きている19歳の男の子って感じがして牧さんじゃ無いけど私も鼻の下伸びちゃうぞ(笑)


あとはですねーやはりこれも後半で、浩太が自分なんて牧に大事にされてない、と忍に言うシーン。
浩太はパーティーに招待されて牧にスーツをプレゼントされるんですが、それを聴いた忍が、「牧さんてプレゼント渡すならゴージャスに渡しそう」と言うと浩太が「そんな事ない、素っ気ない態度だけど」みたいな事を言うんです。
で、お互いの彼氏の事を話していて(笑)恋人にしか見せない、その人しか知らない顔があるんだ、と忍が浩太に諭すシーンとか好きだなー
百合百合シーンだし(笑)


で、中村さんも可愛かったけど、牧役の子安さんの変態演技も爆笑モンでした!(笑)
すっとぼけたような台詞の言い方とか、テンション高ッ!とクールな子安さんしか知らない私は最初驚いたよ。
濡れ場でのちゅっ、ちゅっ、ちゅっ…って何回言うんだよ!みたいなキス音とか!!
なんだ、あれ!(笑)
特に濡れ場での変態っぷりな台詞回しは必聴!
(「ゴムつけんのやーめた!」「あし、開いて!!!」とか/笑)


森川さんは出番少ないけど、無茶存在感アリアリ。
正直場をさらって喰ってます。

うえださんと共演されたCDの方では、青くてガツガツした体育会系、って感じだったけどこっちでは完璧クールなホスト系、になっててこれは安芸が成長したってこと??
つまり「PBB2」ではこのクール安芸演技でクるって事なのかな??
だとしたら「PBB2」は非常に楽しみです。

で、その相手役の忍がうえださんから遊佐さんに変わったんですけど、私的にはまぁこれはこれでアリだと思います。
ちょっと演技がオーバー気味な気もしなくもないけど…まぁ可愛い忍です(笑)

恋愛の先輩として浩太にレクチャーする姿も可愛いけど、浩太に安芸との事を聞かれて照れたように口を濁すトコが可愛かったです。

| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】P.B.B.プレイボーイブルース

なーんか今月頭からめまいと頭痛が治りません;
せっかくの三連休も体調が悪いので家でダラダラとすごしていたり…
体調が良く無いと何もやる気が起きないなぁ…健康になりたい、って年寄りみたいだな…



◆Story
ホストVSガテン系の、♂と♂のタイマンラブバトル!! 夢みたいにカッコイイ男たちが愛と夢をくれるホストの園「club DANDY」。安芸純佑はNo.1でありながら客に媚びない硬派な男。一方、元No.1の菱谷忍(現在ガテン系)はさびしがり屋のお人好し。フラリと職を変えた忍のとらえどころの無さが、純佑にはもどかしくて!

◆Voice Cast
菱谷忍/うえだゆうじ(上田佑司)
安芸純佑/森川智之
佐野/神奈延年
コージ/野島裕司

原作既読


すっごい楽しかった〜!!
何はともあれ忍がまんまイメージぴったし!でうえださんの演技がすご〜〜〜く良かったです。うえださん、演技ウマすぎ!

BLの受にありがちな可愛い子ぶりっこ演技じゃ全然なくて(いや、そーゆーのも好きなんですけど)ちゃんと男してるんだけどちゃーーんとかわいい、と言うか忍のお茶目な部分とか狡い所とか寂しがりな所とか人間的な部分が凄く伝わってきて忍に対してさらに愛おしさ倍増です。

会話のシーンもキャッチボールしてるみたいでテンポ良いし。

忍って子は普段はちゃらちゃらしていてふざけてばかりなんですけど、本気の純佑に感情モロぶつけられてどんどん暴かれて行くとこが聞きどころかと思います。
経験豊富でも本気の恋をした事なかった忍が恋に揺らいだり、本気の感情を爆発させたりと自分的に萌ポイント沢山です(笑)
この部分の演技の緩急がまたいいんですよね〜〜

特に純佑とラブホテルで言い争うシーンはまさに男同士の意地とプライドのぶつかり合い、みたいで無茶萌えた〜〜♪
うえださんも森川さんもお二人とも演技が上手いから本当に安心して萌られた!

森川さんは彼にしては珍しく青二才的な猪突猛進(むっつりですが)型攻でちょっと珍しいなーと思った。
原作よりもさらに年下攻度が上がってると思います(濡れ場もケモノみたいに凄い息遣いだし/笑)


リピかなりしております!


ちなみに「P.B.B.2」が来年頃リリースされるようですが、「Punch↑」を聞いた限り、残念ながら忍のキャストは変わっちゃったけどこっちも楽しみです。
| yuki | BLCD-H(Title) | - | - | - | - |
【BLCD】不埒なモンタージュ
Frontier Works Inc.(PLC)(M)
¥ 4,502
(2008-05-21)
◆Story
溶かして欲しい、心も躰も――。
同性しか好きになれないことを悩んでいた真野未直は、高校最後の夏に新宿二丁目へ行く決心 をする。しかし妙な連中に絡まれ、危ないところを強面の三田村明義に助けられ…。強面と威 圧的な態度に反し、不器用な優しさを覗かせる明義に惹かれる未直。しかし必死のアプローチ も全く相手にされず、明義はその正体すら教えてくれなくて――。(フロンティアワークス作品紹介から転載)


◆Voice Cast
真野未直/武内 健  
三田村明義/三宅 健太
真野直隆/杉田智和
新生/鈴木達央


原作/崎谷はるひ
イラスト/タカツキノボル


原作未読


BL界ではよくお名前を聞く崎谷はるひさんが原作と言う事ですが…
普段読まなそう&聴かなそうなのをたまには聴いてみよう!と思ったのがやっぱりダメだったようで…
自分にとってこの2枚CDはかなり拷問でした…
聴いててずーーーっつとイライラさせられっぱなし…


お好きな方、読んでらしたら申し訳ありません。
以下、かなり私の趣味趣向がえらく反映された個人的な辛口意見です。


マイナス評価が読みたく無い方は見ないでください。





自分がイライラした理由としては、主人公未直が常にグズグズベソベソと泣いてばかりいる所。
いくら高校生で自分のセクシャリティーに悩み、家族に拒絶されている部分を差し引いても自分的にダメでした。

所謂無自覚カワイ子ちゃん、なんだろうけど…なんか未直のキャラにはクラスに一人はいるイタイ女子を連想させられてゲンナリさせられたし。
別に男だからどう、と言うよりも人間として拒絶反応がでてしまいました。

そんな彼なので、恋愛過程でも白痴っぽくていちいち年長の攻に教えられたりと「無知=カワイイ、愛すべき者」みたいな図式にさらに拒絶反応…

最初の濡れ場もそんなノリなのでBLと言うより男女のセックスのロールプレイまんますぎて(まぁBL自体がヘテロセクシャルのロールプレイなんだけど、それを差し引いても)萎えました。
図式的には野卑に見えて実は優しい年長男と、いい子だけど自分に自信のないカワイイ女子高生…そんな風にしか見えなかった。


未直が不安定になるのも、家族から自分のセクシャリティーを拒絶されたから、という理由もあるのですが、その描写もなんかとってつけたよう、というかCDを聴く限りでは全体のバランスとあってないんですよね。
未直が惚れる三田村の職業が謎で、三田村の家にいる事でどんどん三田村の事情を知り、自分から飛び込んで行くんですけど、その部分と未直のゲイアイディンティティーの揺らぎと未直のグズグズ描写が分離していてなんだかよくわかんない内に終わってて、盛り上がり場所がないと言うか…
なんか何がいいたいのか良く分かんなかったな…

あ、それと音楽が安っぽすぎて最悪です。
「不夜城のダンディズム」といい、フロンティアワークス(ダリア)は腐女子をナメてるんでしょうか


えーと、かなり酷評してしまって本当に好きな方には申し訳ないです。
でも自分の知らない嗜好の世界を見る事も、BL好きとしては一度は経験した方がいいのかな、と思いました。
うん、多分もう二度と聴きませんが
| yuki | BLCD-H(Title) | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】ヘイ!ドクター
アブソードミュージックジャパン
¥ 2,660
(2004-12-22)
朝から晩まで仕事詰めですがBLで充電は忘れておりません。

っつーかそれないと仕事すらできない、BLは私の滋養強壮材です(もう引き返せないトコまでこの人きてますね)

そんな訳で睡眠時間を削ってでも着々と聴いておりました。





やっとロマンチカのアニメを見れたんですが、角先輩役の千葉一伸さんの美人声にキャッキャッと喜んでいた所で見つけましたよ!

千葉さんの美人攻!!!!

っつーかちゃんと濡れ場のあるBLCDに出てたんですね(自分の勝手な思い込みでBLCDには出ても濡れ場はNGかと思ってんです)


しかも原作はほぼエロしかない「ヘイ!ドクター」ときたもんだ。

コレ、私、商業BLに手を出し始めた初期に買った本なんですけど……

エロいですよね……しかも描写が凄い直接的で男性向けエロか!?みたいな(笑)
しかもしかも内田さん=オヤジマッチョ受教祖と言う記念碑的作品でもありますよね。
ケツ毛の生えたムキムキマッチョ受の衝撃は本当にびっくりさせられた!

でもなんか笑えて許せちゃうのはベースが少女漫画なんだからと思う。

今回CD聴くにあたり読み返したけど、やっぱりエロがハード過ぎる(笑)
お道具、女装と変態プレイのてんこもり&ムキムキマッチョ受、こんな内容を一体どーやって音声化すんのかな、とおそるおそる聴いてみた!


自分的ココはチェックだな!ポイントとしては
変態美形医者、狭間の数々のの変態アホ台詞がちゃんとあるのか
(「お○んちんしゃぶしゃぶして」とか、卑猥すぎる言葉攻めとか/笑)

受の五十嵐の男性向けエロ漫画みたいな喘ぎ声の数々
(「ひぃん」「いくぅぅ〜〜」とかそんな感じの/笑)がどうなってるのかってトコですかね。

もう一つのパートである店長&オダジマンのマッチョカップルは一体どーなってるのか全然予想つかない…


あ、ちなみにCDの内容は原作の中に入ってる表題作の2カップルです。
美形芸能人&高校野球男児の「はっきりいっとけ」は入ってないです。
私はこのお話の攻が結構好きなので残念です。(やっぱり美形天然攻に弱い私)


◆Story
風邪をひいて病院へ行った健全高校生五十嵐はそこの医者である変態美形医者、狭山に一目惚れされ「エッチ病」と診断され「治療」と称して数々の変態調教を施されしてまう。

一方、五十嵐のバイト先の店長降矢は五十嵐に好意を持っているものの、狭山と五十嵐がくっついてしまったため失恋してしまう。
トイレで倒れていた所を卸先の配送屋であるマッチョな小田島に助けられ、その男らしさに一目惚れしてしまった降矢は救護ベッドで小田島を襲ってしまう…

そんな2カップリングがコメディータッチに描かれております(笑)


◆Voice Cast
五十嵐勝也/檜山修之
狭間恭平/千葉一伸
降矢五郎/かわのをとや
小田島千昭/稲田徹

原作:内田かおる


えーと、意外とエロばっかなんですけど具体的にどーゆう状況かとかはっきりさせてないので、結構あっさり聴ける、と思います(あくまで私の基準ですけど)
ただCDのみで聴いてる人には何してるかよくわかんないと思うんですけど…

ただBGMがすっごい変…
特にエロシーンの音楽…全然合ってないよ!
エロコメディーなのに何故かしっとり系の音楽…(笑)
SEもかなり変で気になってちょっと萎えます(笑)

あ、上記で私が気になってたアホエロ台詞はちゃーんと千葉一伸さん、言ってました!(笑)千葉さんだけじゃなく、五十嵐役の檜山さんもかわのをとやさんも言っててなんかもー聴いてて「あひー」となった!(笑)

全体的に収録時間が妙に長く感じたのは演出とかの問題かな。
やっぱエロコメディーだからテンポとか上手くやって欲しいなー


声的にはみなさん原作のイメージ通り。
千葉さんの美声で「お○んちんしゃぶしゃぶしてV」はサラッと美声で笑える…
檜山さんはとんでもない事ばっかされてるんですけど(笑)これまたサラッと演じられて安定感があるので安心して聴けた。

で、自分が危惧してた店長&オダジマンカプは意外とオダジマン役の方が美声で普通に聴けました。洋画のイイ男声、って言うのかな…濡れ場も色っぽくて驚いた(笑)


しかしなんか全体的にまったりとした作りだなぁ…
私的にはこーゆーアホエロコメディーは勢いがあって欲しかったなぁ

| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】不夜城のダンディズム

◆Story
「なんであんたみたいな奴が、こんな場所にいるんだ?」
新宿歌舞伎町のナンバーワンホスト・佐加井崇宏を初めて見た瞬間、奥山瑞樹は思わずそう口にしていた。 上質で誰もが魅了されざるをえない美貌を持つ佐加井。 そんな完璧な男にホストとしての教育を受けることになった瑞樹は佐加井に憧れ、少しでも追いつこうと努力するが……。 夜が香るゴージャス・ラブロマンス!

◆Cast:
奥山瑞樹:鳥海浩輔
佐加井崇宏:小西克幸
佐加井俊宏:平川大輔 
ホスト1:鈴木達央
ホスト2:寺島拓篤

原作:ふゆの仁子
挿絵:やまねあやの




原作未読。


えーと、キャストは素敵に豪華。
カバーはやまねあやのさんで美麗、きらっきらしております!


なのに………
脚本(っつーか原作?????)無茶ゆるい!!!!
なんかここぞ!と言う盛り上がり場所もなく終わってしまった。
何故かふらりと身体を重ねる2人。
そしていつのまにか両思いになってCDは終わっておりました。



…………………………
………………………………………………


濡れ場があればいいってモンじゃねーぞ!!!(笑)
濡れ場の前にBLにとって必要なモノ、それは恋におちた瞬間の2人のパッションのぶつかりあいなの!!
少なくとも私はそんな胸キュン瞬間を見たくてBL読んでるんだから。

それはCDしかり。
特にCDなんて実際の男性の声が付く事でさらに「引き込まれ度」が高まるんだから。

原作を知らないから一体どういう展開なのか知りませんが、攻の佐加井、こんなんで本当にナンバーワンホステスなのかな……私には信じがたい。
それとも本命ちゃんだからあんなまどろっこしい事してるのかな。
紳士、敬語攻は素敵だけど(小西さんの素敵ボイスですし)のらりくらりやりすぎだろ!


それと受の奥山瑞樹、この子、全然成長してないです。
佐加井の兄が佐加井が新しく始めたクラブに来て暴言吐くシーンで、怒りに任せて殴っちゃう(あれ、未遂だっけ、それすら忘れた!)んですが、これはないよなーと思った。
聞いててがっかりしちゃった。
佐加井によって一流のホストに成長したはず、の設定なんだけど…
ホストだったら手を上げて暴力に訴えるんじゃなくてもっと上手くスマートに対応しないと…なんのために佐加井にホスト教育されたのか意味ない。


なんか声優さん達は無駄に美声をご披露してて凄いもったいない感、たっぷりです。
特に佐加井の兄役平川さんなんて、あのストーリーなら最後の方にもう1回出て来て佐加井を認めるような発言をすると思われるんですがその後、出てこなくて驚いた。
何のために出て来たの!?(笑)


「この愛を喰らえ」でも悪役ホストだった鈴木さんがせこい悪役っぷりで頑張ってます(笑)
| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】香港恋愛夜曲



◆Story
捜査官にも恋をする権利はある。ついでに、マフィアにも、な
香港の国際刑事警察機構に派遣された相馬真吾に突然舞い降りた大きな任務。それは香港を支配するマフィアの次期首領候補ブライアン・黎の護衛だった。警護のためにゲイであるブライアンの愛人として色々されるハメになってしまい!? 香港マフィア×愛人刑事が贈る、嵐のようなラブ・チャンス! (motto!entertaimentより転載)

原作:水上ルイ 挿絵:こうじま奈月

◆Cast
相馬真吾:羽多野渉
ブライアン・黎:森川智之
エドワード・華:一条和矢
サミュエル・曾:水島大宙
黎呈秦:寺島拓篤
黎玉秦:梶裕貴


原作未読。

かわぃ〜〜〜〜〜いい羽多野くんを堪能!

えーと、まぁストーリー的にはあるあるあるある!なBLストーリーだと思います。
全体的にはゆったりとした流れで、そんなにドキドキハラハラ、って感じじゃない。
テンプレに添ってるので、予想通りの展開でそこに食通(っつーか大食い?)の真吾@羽多野くんのエピソードが入ってきてそのあたりのエピソードが「香港」っぽさを現してて私は気に入りました。

例えば、真吾は朝御飯はからなず屋台のお粥を食べにきます。
その屋台のおばちゃんとの楽しそうな活気のあるやりとりや、慌ただしい周囲の雰囲気が伺えるざわざわ音などはなんとなく活気のある「香港」のイメージを容易にさせてくれます。

そしてその屋台のお粥を食べにリムジンで乗り付けて買いにくる客がいます。
それが真吾のお相手、ブライアン@森川帝王です。
直接買うのは秘書のサミュエル@水島さんなので、真吾はリムジンからお粥を受け取るブライアンの綺麗な手しか見てないのですが、その綺麗な手を見て真吾くんは関心を覚えるのです。
手、と言えば男性の大切なセックスアピールの1つで、結構エロティックな設定だなーと思います。
男性の綺麗な手に見惚れてしまう真吾くん。
もうすでにそこから恋は始まってます(笑)

ちなみにそんなブライアンは、真吾のおいしそうに食べる喰いっぷりに一目惚れしてると言う設定。
ごはんを美味しそうに食べる人は男女問わず確かに好感を持たれます。
色気より食い気、などと言う言葉もありますが、食べる事はセックスと同義語でもある訳で、健康的に見えつつも実はセクシーな意味合いも感じさせてそれが真吾というキャラにぴったりだなぁと思う訳です。
ついでにそんな食べっぷりの素敵な、健康的なお色気をまき散らしている真吾の役は羽多野くんにぴったり!でした。

他に香港っぽさを感じさせるシーンとして、料理を食べて「あ〜〜〜おいしかった〜〜〜お腹いっぱーい!」なんて言ってる羽多野くん(これ、無茶カワイイ!)
お腹いっぱいでもデザートも食べちゃいます。
このデザートがね、中華風お汁粉でむっちゃ美味しそうなんですよ。
聞いてて凄く食べたくなった!
あとはちょっと媚薬ぽい(媚薬、ではないんですよね)貴重なお茶のエピソードとか。
このおいしいお茶を飲んで、余りの美味しさにホーッとしてる真吾に欲情しちゃうブラインアン。
「なんて顔をしてるんだ…」なんて言ってます。
なんか真吾の健康的なお色気が聞いてて伝わってくるシーンです。森川帝王のしんぼうたまらん、的な声がまたいいんだ。

そんなこんなでちょっと香港に行った気分が味わえます。
私は実際行きたくなった!(笑)
香港カフェ巡りしたい〜〜〜

そんなこんなでブライアンと真吾のゆるやかな流れがまどろっこしく感じつつ(笑)このテンポがいいような…なんとも言えないテンポだなぁ。

お声ですが、森川帝王はまたもマフィアのボス役ですが「ロッセリーニ」のイタリアンマフィアに比べると声も高く優雅な美形、っぽい声。
そんな美声で「悪い子だ。」「お仕置きしないと」「なんて美しいんだ」等等、臭くも殺し文句吐きまくりです。
ただこの脚本(っつーか原作??)の語彙が少ないのかなんなのか同じ台詞を何度も言うからそこはちょっとなぁ…もうちょっと違う形容詞とか使わないとブライアンってあんま頭良くないのかな?とか思っちゃう(笑)

で、真吾役の羽多野くん。
若い割に低音な方ですが、低音ながら明るくて元気なこのキャラを自然に可愛らしく演じてました。
こーゆーある意味、かわいこちゃんキャラはいかにもな方がやるよりも羽多野くんみたいなちょっと低音の人がやった方が嫌味がなくていいなーなんて言うのが私個人の意見です。
コメディタッチな部分(慌ててるシーンとか)はロマンチカの櫻井さんっぽいなぁとちょっと思った。

喘ぎは「誘惑レシピ2」で攻なのにエライ色っぽいなーと思ってて、それが受キャラだとどーなるのか全然予想できなかったんですが掠れた所がとても色っぽかった〜


それと今回全くノーチェックで耳を奪われたのが黎玉秦役の梶裕貴くん!
可愛い声と鬼畜声(笑)の使い分けはもちろんですが、この鬼畜声がエライ良かった!
すっごい喜々として真吾をいたぶってる感とか(笑)
セクシーなんだけど男っぽい深みと低さががあってなんか良かったです。
この方が一般的にどんな役を演じてるのか知らないんですけど、やっぱり少年系の声なんですかね。大人の男性の声とかも聞いてみたいな、と思った。


さて、気になったトコも結構あって、BLだとよくある現象なんですが、お互いがお互いの事褒め讃えててなんかそれが頻繁に出てくるから笑っちゃうんですよ。
ブライアンが頻繁に真吾の事、美しいだの素晴らしいだのと…いや、わかるけどさ(笑)
真吾も真吾でブライアンの事、「綺麗でカッコよくてでも意地悪でどーのこーの」とか惚気ててあーハイハイと言うか聞いてて恥かしいわい!となる事、何度か…(笑)

あとは最後の濡れ場、羽多野くん、喘ぎは凄い色っぽいんだけど、不自然なエロ台詞が多いせいかなーんか私的にはノレなかったなぁ。
「俺を奪って」とか「深いッ!」とかまぁ色々エッチィ台詞沢山言うんだけどなーんか不自然さを感じると言うか…
ってまぁBLの濡れ場台詞の大半は、普通そんな事言わんだろ的な「不自然」なんだけどさ(笑)
でもそれをさも当たり前のナチュラル〜に言うのがBLCDの醍醐味だと思うんですよ。
現に森川帝王や子安さんはあり得ない台詞をさもナチュラル〜に普段からこの人、言ってるんじゃね?と思わせる自然さで演じてますからね。
しかしかし、羽多野くんの喘ぎは低くてハスキーですっごい色っぽくて驚いた。
受けも攻めも完璧です。

あとあと気になった点と言えばラストの濡れ場シーンのBGMなんですけど…
なんだろう、コレ。
香港が舞台だから狙ってこーゆー中華歌謡曲テイストなのかな。
ジュ○ィ・オングの歌声が流れてきてもおかしくないような、メロドラマテイストな曲で、なんかそっちも気になっちゃったよ。


まぁそんな感じで森川帝王の色男声と、可愛いかわいい羽多野くん(濡れ場になると色っぽいよ!)を堪能するにはもってこいなCDでした。

補足、エドワード役の一条さん、羽多野くんにちょっかいかける上司役だけどやたら色っぽい。羽多野くんに対しては攻ポジだけどあの色っぽさは普段はネコっぽい。
| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】BROTHER
◆Story
大手広告代理店に勤務する百木飛鳥はある秘密を抱えていた…。それは22歳でイ○ポ、そして童貞だということ。それには血の繋がらない5歳年下の弟・唯の存在が大きく関係していた。その唯がアメリカへ留学している間、分身のリハビリは順調だったのだが、突然、唯が日本に帰ってきて!!  素直で天真爛漫な兄と無口で独占欲むき出しの弟、二人の過激チックラブがついにドラマCD化!(オフィシャルサイトより)

◆Cast
緑川光:百木唯/鳥海浩輔:百木飛鳥/遊佐浩二:柊ミツオ)/成田剣:父親/谷井あすか:百木詩織

◆原作:扇ゆずは




原作既読。
原作も読んでて不思議なテンポ(イ○ポじゃないですよー)で進む漫画だなーと首をかしげながら読んでたんですが、おそらく理由は恋人となった飛鳥と唯の「恋人ならではのやりとりのもどかしさ」の描き方のテンポによるんじゃなかなーと思った。
なんかぎくしゃくしてる割には唐突!な始まり方をしたりとか。
原作がこんな感じなので、音声化も難しいような気もしました。
っつーか原作知らない人がこれ聞いて、ついていけてるかな?と少し思ったんですがどうなんでしょうか。

まぁそんな感じでちょっとぎくしゃく感はあると思いますが、聞きなれるとまぁ普通かなぁ…特にねSE音がかなり変なんですよ、まぁそれについてはも少し後に書きます。

原作はかなり大胆に大開脚エロ全開!って感じだったんですが、CDの方ではエロよりもコメディ部分に力入っていると思います。

鳥海さんがイ○ポのヘタレ受を楽しく演じてます(笑)
緑川さんの高校生は無口なのがもったいない程キュートな雰囲気(笑)
お前、ホントに高校生か?みたいな歳下攻よりも私はこーゆー可愛い雰囲気の歳下攻が好きなのでイイカンジです。
でも濡れ場ではちょっと野獣っぽくなる所も素敵(笑)
対する鳥海さんは普段は色気のかけらも感じさせないのに、濡れ場になった途端色っぽくなります。嬌声喘ぎ、って言うの?(笑)一歩間違えるとわざとらしさ全開になりそうなんだけどギリギリの所で踏み止まっている感じ。

で、エロコメディーだからSE音が変(笑)
唯が飛鳥に挿入して、果てたんだけどすぐに復活!ってシーンでは『ギューン』ってお間抜け感たっぷりなSEが…(笑)
その他、2人の初エッチの挿入音が『ブスッ!』→「ぎゃーーーーっ!」と鳥海さんの絶叫付き(笑)でもその後すぐに鳥海さん、気持ち良さそーに喘いでますけど。
まぁそんな感じで変なSE音が多いんですえけど、それが受け狙いなのかマジなのかいまいち分からない、と言うかコメディーとして使ったとしたらちょっと中途半端だなぁと思った。(マジで使ってたら……センスを疑うけど多分受け狙いだと思う)

意外と原作に忠実に作られてて何もそこまで原作に忠実にしなくても、と思う部分まで音声化してるんですけど(飛鳥の脳内でデフォルメ化された小さな2人が動いてるシーンとか)他の表現方法でコメディーとして表現するのってダメなのかな、とちょっと思った(原作ファンが怒る、とか)

まぁそんな感じでちょっとコメディーとするには中途半端な感じがしたんですけど、鳥海さん&緑川さんファンの方にはお勧めです。


緑川さんの歳下攻、かなりツボでした。

観覧者デートで、唯が年令の事でムッとするシーンがあるんですが(飛鳥が年上で社会人なので高校生である唯はそれがコンプレックスになってる)気付いた飛鳥が「歳下なのに頼れる存在だからつい甘えちゃう」なーんてフォローすると唯が「頼れる…甘えちゃう…んふふ…」と悦に入ったように呟く声が無茶苦茶可愛らしい(笑)
| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【BLCD】ドクター×ボクサー ボクサーは犬になる
◆Story
高校を中退し故郷を捨てた18才の橋口徹の、ボクシングこそすべての生活が、ある日突然激変して…黒光りするドーベルマン2頭を連れた外科医・加藤との出逢いが家族愛すら知らなかった徹に、監禁と呪縛の愛の檻の中で生きることを求めるとは…誰も先生みたいに構ってくれなかった!!シリーズ第1弾。 (amazonより)

原作: 剛しいら イラスト:石原理

◆Cast
堀内賢雄(加藤)/伊藤健太郎(橋口徹)/ 塩沢兼人 (カイン)/ 石川英郎 (アベル)





このCD、1999年にリリースされてます。
約10年前かぁ。
原作も古いからなぁ…
でも音楽の使い方とか脚本とか丁寧に作られてて落ち着いてきけます。


原作のシリーズは好きで4冊位読みました。

えーと、ストーリー紹介を見ても分かる通り、徹と加藤先生の出会いは拉致監禁(しかも未成年)と言う立派な犯罪です。
この加藤って先生が腕のいい、医者としても素晴らしい人なんだけど(しかも美形)恋愛に関しては、未成年の徹に一目惚れした挙げ句、飼い犬使って拉致監禁ですよ。
しかもめでたく徹と恋人になっても独占欲と嫉妬欲が無茶強くても〜〜っと呆れます(笑)
そんな恋愛に関してはかなり不器用過ぎる人なんですが、何故か嫌悪感は抱かないんですよね(呆れはするけど)
それって結局このお話がドストレートな「June」だからなんだと思う。(原作は「June」に連載されていたらしい)

私が考える「June」とは、誰にも必要とされない、孤独な2人が出会ってしまって当然のように嫌悪感であれ好意であれ惹かれ合う、っていうのが「June」だと思ってるから。

その見放され感が上手く描かれて、拉致監禁と言う犯罪行為から始まった愛に説得力があるのだと思います。

で、CDの方は真面目に作られてて(BLって言うよりなんか普通のドラマCDっぽいノリを感じる。まぁ濡れ場はしっかり入ってるけどこの濡れ場も丁寧で真面目に作られてるなぁと思う)聞いててしんみりとしてしまう。
音楽もとても雰囲気のいいのばかりだし、堀内さんと伊藤さんの演技も声も落ち着いて聞けます。お二人ともタイプの違う美声だなぁとしみじみ。
優し気な声色の中に純粋過ぎるが故の狂気を滲ませた堀内さん、天使の様に心も身体も綺麗な徹役の伊藤さん、少年と青年の間にある絶妙な声色がいいです。


あ、でも原作ではボクシングの試合が終わってそれでも結局自分は孤独だと気付いて、自分を狂ったように求める加藤の元へ走る徹の描写があったからかなり説得力があるのだと思う。
CDではその徹の孤独感描写が薄く感じたから「拉致監禁なんて犯罪じゃん」と思う人もいるかもしれない。それが残念かなぁ。
もっと世界に見放されたふたり、みたいな描写が欲しかったかな。


最初のプロローグにあのシーンを入れたのは素晴らしいと思う。
うまい!と思わず唸る(何様…)
で、カインとアベルの足音とか吐く息の音が入るとまた臨場感があるなぁ



ラストトラックのカインとアベルのミニドラマに爆笑。
声優さんのトークよりも、こーゆー書き下ろしドラマみたいなのの方が私は嬉しいなぁ


| yuki | BLCD-H(Title) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<new | top | old>